Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

テスト ベンチ生成

テスト ベンチ生成の仕組み

HDL Coder™ は、MATLAB® または Simulink® シミュレーションから得られた DUT のスティミュラスと参照データをデータ ファイル (.dat) に書き込みます。

HDL シミュレーション中に、HDL テスト ベンチは保存されたスティミュラスを .dat ファイルから読み取ります。テスト ベンチは、実際の DUT 出力を想定された出力 (.dat ファイルに保存されています) と比較します。コードを生成した後、メッセージ ウィンドウにテスト ベンチ データ ファイルへのリンクが表示されます。

参照データは、ファイルからデータを読み込む際に遅延があるため、既定のテスト ベンチ生成と比較して波形ビューアーで 1 クロック サイクル分遅延します。

テスト ベンチ データ ファイル

DUT の各入力と出力のスティミュラスおよび参照データは、個別のテスト ベンチ データ ファイル (.dat) に保存されます。ただし、次の例外があります。

  • 複素数データの実数部と虚数部に対して 2 つのファイルが生成されている。

  • 定数 DUT 入力データがテスト ベンチに定数として書き込まれている。

ベクトル入力またはベクトル出力のデータは 1 つのファイルとして保存されます。

テスト ベンチのデータ型の制限事項

DUT 入力および出力に double、single または列挙データ型が含まれている場合、シミュレーション データはファイルに書き込まれず、定数としてテスト ベンチ コードに生成されます。

ファイル I/O の代わりに定数を使用

ファイル I/O を使用せずに、テスト ベンチのスティミュラスおよび参照データをテスト ベンチ コードで定数として生成できます。ただし、定数を使用する、実行時間の長いテスト ベンチのシミュレーションを行うには、ファイル I/O を使用するテスト ベンチよりもさらに多くのメモリが必要です。

DUT 入力または出力でファイル I/O をサポートしていないデータ型が使用されている場合、テスト ベンチの生成によってデータが定数として自動的に生成されます。テスト ベンチのデータ型の制限事項を参照してください。

ファイル I/O ではなく定数を使用するテスト ベンチを生成するには、次の操作を行います。

  1. HDL ワークフロー アドバイザーで [HDL の確認][HDL テスト ベンチによる検証] タスクを選択します。

  2. [テスト ベンチ オプション] タブで [テスト ベンチにファイル I/O を使用] オプションを無効にします。