Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB からの SystemC コード生成

MATLAB® アルゴリズムからの SystemC コードの生成

SystemC は、イベントドリブンなシミュレーション インターフェイスを提供する C++ ライブラリです。SystemC はハードウェア ソフトウェア協調設計の基盤を設定し、モデリング抽象化のさまざまなレベル全体でテスト ベンチの再利用を可能にします。これらのプロセスの同時実行も容易になります。

MATLAB から SystemC へのワークフローは、高位合成 (HLS) ツールを MATLAB プログラミング環境と統合したものです。SystemC は、ハードウェア設計に効率的な C/C++ データ型および固定精度データ型をサポートします。

SystemC コードを生成して、そのコードをハードウェアに展開することで、MATLAB アルゴリズムをハードウェアに実装します。SystemC コード生成と互換性のある構文および関数を使用して MATLAB アルゴリズムを記述します。このアルゴリズムが浮動小数点データを使用する場合、HDL Coder™ によって固定小数点アルゴリズムへの変換が容易になります。SystemC コードを生成し、そのコードが元のアルゴリズムと一致していることを検証してから、SystemC コードをターゲット ハードウェアに展開します。

カテゴリ