Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

GPU Coder 入門

NVIDIA GPU の CUDA コードの生成

GPU Coder™ は、最適化された CUDA® コードを MATLAB® コードおよび Simulink® モデルから生成します。生成されるコードには、深層学習、組み込み型ビジョン、および信号処理アルゴリズムの並列化可能部分のための CUDA カーネルが含まれています。パフォーマンス向上のため、生成コードでは、TensorRT、cuDNN、cuFFT、cuSolver、cuBLAS など、最適化された NVIDIA® CUDA ライブラリが呼び出されます。このコードは、ソース コード、スタティック ライブラリ、またはダイナミック ライブラリとしてプロジェクトに統合でき、デスクトップ用、サーバー用、および NVIDIA Jetson、NVIDIA DRIVE、その他のプラットフォームに組み込まれた GPU 用にコンパイルできます。生成された CUDA を MATLAB 内で使用し、深層学習ネットワークやその他のアルゴリズムの計算量の多い部分を高速化することができます。GPU Coder では、手書きの CUDA コードをアルゴリズムおよび生成コードに組み込むことが可能です。

Embedded Coder® と共に使用した場合、GPU Coder では、ソフトウェアインザループ (SIL) およびプロセッサインザループ (PIL) テストにより生成コードの数値的な動作を検証できます。

チュートリアル

MATLAB アルゴリズムからのコード生成について

注目の例