Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

範囲

範囲に関する制限、アンダーフローとオーバーフロー、飽和とラッピング

範囲とは、固定小数点データ型とスケーリングで表現できる数値の範囲です。固定小数点ワードのサイズが制限されているため、範囲には制限があります。

トピック

範囲と精度

数値の範囲によって表現の限界が指定され、精度によって表現の隣接する数値間の距離が指定されます。固定小数点数の範囲と精度は、語長およびスケーリングによって異なります。

飽和とラップ

飽和またはラップは、プロセッサがオーバーフロー状態に対処する特定の方法を記述します。

固定小数点数の範囲の決定

デジタル システムでは固定小数点変数を有限数のビットで表現するため、範囲が制限されます。

ガード ビット

適切な数のガード ビットをバイナリ ワードに付加し、オーバーフローが発生する可能性を取り除きます。

fipref を使用したアンダーフローとオーバーフローのログ作成

fipref オブジェクトを使用して fi オブジェクトのログ基本設定を行う例。

Simulink モデルでのオーバーフローの処理

モデルにオーバーフローが含まれる場合に受信する警告メッセージを制御します。

注目の例