ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

データ定義の基礎

コード高速化のためのデータ、変数および関数

例および操作のヒント

生成されたコード内の変数の余分なコピーを排除する

coder.nullcopy を使用して、コード ジェネレーターが初期化せずにメモリを割り当てられることを示します。

同じ変数を異なるプロパティで再利用する

コード ジェネレーターが変数の出現ごとにそのプロパティを判定できる場合、変数をさまざまなプロパティで再利用します。

概念

コード生成のためのデータの定義

コード生成用に MATLAB® コードでデータを定義します。

コード生成のための変数の定義

MATLAB ソース コード内の変数のクラス、サイズ、実数/複素数を定義してからそれらを使用します。

C/C++ コード生成のための変数定義のベスト プラクティス

ガイドラインに従って、コード生成用に MATLAB コードで変数を定義します。

変数プロパティの再代入

異なるクラス、サイズ、実数/複素数の値をもつ変数を再代入します。

サポートされている変数の型

コード生成でサポートされるデータ型を使用します。

複素数データのコード生成

コード生成用に MATLAB コードで複素数データを使用します。

スパース行列のコード生成

コード生成用の MATLAB コードでのスパース行列の使用

コード生成における配列サイズの制限

コード ジェネレーターとターゲット ハードウェアは配列の最大要素数を制限します。