Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

getFunctionInterfaces

クラス: coder.codedescriptor.CodeDescriptor
パッケージ: coder.codedescriptor

指定された関数インターフェイスの情報を返す

構文

functionInterface = getFunctionInterfaces(codeDescObj, functionInterfaceName)

説明

functionInterface = getFunctionInterfaces(codeDescObj, functionInterfaceName) は、functionInterfaceName が指定する関数インターフェイスの関数プロトタイプ、入力引数、戻り引数、バリアント条件およびタイミング情報を返します。

入力引数

すべて展開する

生成されたコードに関する情報を取得する coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクト。

functionInterfaceName は、関数インターフェイスの名前を指定します。生成されたコードのすべての関数インターフェイスのリストは、getFunctionInterfaceTypes() によって返されます。

データ型: string

出力引数

すべて展開する

coder.descriptor.FunctionInterface オブジェクトは、関数プロトタイプ、入力引数、戻り引数、バリアント条件およびタイミング情報などの指定された関数インターフェイスに関する情報を示します。

  1. モデルを作成します。

    slbuild('rtwdemo_comments')

  2. 必要なモデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトを作成します。

    codeDescObj = coder.getCodeDescriptor('rtwdemo_comments')
    

  3. 生成されたコードのすべての関数インターフェイスの種類のリストを返します。

    functionInterfaceTypes = getFunctionInterfaceTypes(codeDescObj)
    モデル rtwdemo_comments の生成されたコードにある関数インターフェイスの種類は、次のとおりです。
        {'Initialize'}
        {'Output'    }

  4. 生成されたコードの指定された関数インターフェイスのプロパティを返します。

    functionInterface = getFunctionInterfaces(codeDescObj, 'Output')
    functionInterfacecoder.descriptor.FunctionInterface オブジェクトです。
            Prototype: [1×1 coder.descriptor.types.Prototype]
         ActualReturn: [0×0 coder.descriptor.DataInterface]
          VariantInfo: [0×0 coder.descriptor.VariantInfo]
               Timing: [1×1 coder.descriptor.TimingInterface]
           ActualArgs: [1x0 coder.descriptor.DataInterface List]

R2018a で導入