Main Content

getArrayLayout

クラス: coder.codedescriptor.CodeDescriptor
パッケージ: coder.codedescriptor

生成コードの配列レイアウトを返す

構文

arrayLayout = getArrayLayout(codeDescObj)

説明

arrayLayout = getArrayLayout(codeDescObj) はコードが生成されるモデルの配列レイアウトを返します。

入力引数

すべて展開する

生成されたコードに関する情報を取得する coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクト。

出力引数

すべて展開する

配列のレイアウト。モデル コンフィギュレーション パラメーター [配列のレイアウト] を使用してモデルに指定します。

ビルドされるモデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトを作成してから、生成コードの配列レイアウトをリストします。

  1. モデルを開きます。

    rtwdemo_comments

  2. モデル コンフィギュレーション パラメーター [配列のレイアウト][行優先] として指定します。または、コマンド ウィンドウで以下のコマンドを使用します。

    set_param('rtwdemo_comments', 'ArrayLayout','Row-major');

  3. モデルを作成します。

    slbuild('rtwdemo_comments')

  4. モデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトを作成します。

    codeDescObj = coder.getCodeDescriptor('rtwdemo_comments')
    

  5. 生成コードの配列レイアウトを返します。

    arrayLayout = getArrayLayout(codeDescObj)
    arrayLayout の値は次のとおりです。
        'Row-major'

バージョン履歴

R2018b で導入