Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

データの表現とアクセス

外部コードとの統合を簡単にして対話機能と計測をサポートするためのデータ表現の設定

モデル内で作成した信号、ステートおよびブロック パラメーターは、生成されたコード内で変数として現れます。これらの変数をコード内で宣言および定義する方法を制御します。

  • メモリ使用量を減らし、数値データ型を指定することによって、効率的なコードを生成します。データ型の命名、定義および使用方法を制御します。

  • 識別子および宣言と定義のファイル配置を指定することで、生成されたコードと独自のコードを容易に統合できるようになります。

  • 信号データへのアクセスを管理し、パラメーターの調整可能性について指定します。

  • 信号とパラメーター データを構造体にパッケージ化します。

  • コードの可読性とトレーサビリティを高めます。

トピック

生成されたコード内のストレージ

配列のレイアウト

調整とテストのためのアクセス

名前付きデータ型とカスタム データ型