Main Content

アンダーランの削減

Simulink® モデルの Audio Device Writer ブロックを調べてアンダーランを特定し、アンダーランを減らします。

1.モデルを実行します。Audio Device Writer からコンピューターの既定のオーディオ出力デバイスにオーディオ ストリームが送信されます。Audio Device Writer ブロックは、アンダーランが発生したサンプル数をTime Scopeに送ります。

2.Artificial Load ブロックのコメントを解除します。このブロックは、シミュレーションを遅くする計算を行います。

3.モデルを実行します。デバイス ライターでサンプルが破棄される場合は次を実行します。

a. シミュレーションを停止します。

b. From Multimedia Fileブロックを開きます。

c. Samples per frame パラメーターを 1024 に設定します。

d. ブロックを閉じ、シミュレーションを実行します。

モデルでサンプルの破棄が続く場合は、フレーム サイズをさらに大きくします。フレーム サイズを大きくすると、サウンド カードで使用されるバッファー サイズが大きくなります。バッファー サイズが大きくなれば、オーディオのレイテンシは高くなりますが、アンダーランが発生する可能性が低くなります。

参考

|