Main Content

RoadRunner Scenario

Simulink アクター モデルのインターフェイスを定義する

  • ライブラリ:
  • Automated Driving Toolbox / RoadRunner Scenario

  • RoadRunner Scenario block

説明

RoadRunner Scenario ブロックは、Simulink® アクター モデルのインターフェイスを定義します。このインターフェイスは、アクター モデルがサブスクライブとパブリッシュを行うトピックを定義します。このブロックにより、アクター モデルがサブスクライブしないトピックの RoadRunner Scenario Reader ブロックがアクター モデルに確実に含まれなくなります。また、このブロックにより、アクター モデルがパブリッシュしないトピックの RoadRunner Scenario Writer ブロックがアクター モデルに確実に含まれなくなります。

RoadRunner Scenario ブロックは、モデルを確実に次のトピックにサブスクライブさせます。

  • パス アクション

  • 車線変更アクション

  • 速度アクション

  • 横方向オフセット

  • アクターの姿勢

RoadRunner Scenario ブロックはモデルのルート レベルに存在しなければなりません。それ以外の場合、モデルのコンパイルでエラーが発生します。

バージョン履歴

R2022a で導入