Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

plotresponse

動的ネットワークの時系列応答のプロット

構文

plotresponse(t,y)
plotresponse(t1,'name',t2,'name2',...,y)
plotresponse(...,'outputIndex',outputIndex)

説明

plotresponse(t,y) は、ターゲット時系列 t および出力時系列 y を取り、それらを同じ軸にプロットして両者の誤差を示します。

plotresponse(t1,'name',t2,'name2',...,y) は、ターゲットと名前から成る複数のペアを取ります。通常、学習ターゲット、検証ターゲット、テスト ターゲット、および出力を定義します。これは、各ターゲット セットに対して異なる色を使用して応答をプロットします。

plotresponse(...,'outputIndex',outputIndex) は、オプションとして、どの誤差要素の相関を求めてプロットするかを定義します。既定は 1 です。

ターゲット時系列データおよび出力時系列データのプロット

この例では、NARX ネットワークを使用して時系列の問題を解く方法を示します。

[X,T] = simplenarx_dataset;
net = narxnet(1:2,20);
[Xs,Xi,Ai,Ts] = preparets(net,X,{},T);
net = train(net,Xs,Ts,Xi,Ai);

Figure Neural Network Training (12-Apr-2022 00:54:31) contains an object of type uigridlayout.

Y = net(Xs,Xi,Ai);
plotresponse(Ts,Y)

Figure Time-Series Response (plotresponse) contains 2 axes objects. Axes object 1 with title Response of Output Element 1 for Time-Series 1 contains 4 objects of type line. These objects represent Errors, Response, Targets, Outputs. Axes object 2 contains 3 objects of type line. This object represents Targets - Outputs.

バージョン履歴

R2010b で導入