Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

plotinerrcorr

誤差時系列の相互相関への入力のプロット

構文

plotinerrcorr(x,e)
plotinerrcorr(...,'inputIndex',inputIndex)
plotinerrcorr(...,'outputIndex',outputIndex)

説明

plotinerrcorr(x,e) は、入力時系列 x および誤差時系列 e を取り、さまざまなラグについて入力と誤差の相互相関をプロットします。

plotinerrcorr(...,'inputIndex',inputIndex) は、オプションとして、どの入力要素の相関を求めてプロットするかを定義します。既定は 1 です。

plotinerrcorr(...,'outputIndex',outputIndex) は、オプションとして、どの誤差要素の相関を求めてプロットするかを定義します。既定は 1 です。

入力と誤差の相互相関のプロット

ここでは、NARX ネットワークを使用して時系列の問題を解きます。

[X,T] = simplenarx_dataset;
net = narxnet(1:2,20);
[Xs,Xi,Ai,Ts] = preparets(net,X,{},T);
net = train(net,Xs,Ts,Xi,Ai);

Figure Neural Network Training (12-Apr-2022 00:54:22) contains an object of type uigridlayout.

Y = net(Xs,Xi,Ai);
E = gsubtract(Ts,Y);
plotinerrcorr(Xs,E)

Figure Input-Error Cross-correlation (plotinerrcorr) contains an axes object. The axes object with title Correlation between Input 1 and Error 1 contains 4 objects of type bar, line. These objects represent Correlations, Zero Correlation, Confidence Limit.

バージョン履歴

R2010b で導入