Main Content

finddim

指定されたラベルをもつ次元の検索

説明

dim = finddim(X,label) は、次元ラベル label をもつ X の次元を返します。X のデータ形式に次元ラベル label が含まれていない場合、dim は空になります。

すべて折りたたむ

繰り返しを含む次元ラベルを使用して、書式化された dlarray を作成します。次元ラベルを 'TSSU' として指定します。dlarray の呼び出しによって 'SCBTU' という順序が適用されるため、ラベルの順序が並べ替えられます。次元ラベルの詳細については、Usageを参照してください。

dlX = dlarray(randn(5,4,3,2),'TSSU');

ラベル 'T' をもつ次元を取得します。

dimT = finddim(dlX,'T')
dimT = 3

ラベル 'S' をもつ次元を取得します。

dimS = finddim(dlX,'S')
dimS = 1×2

     1     2

ラベル 'B' をもつ次元を取得します。

dimB = finddim(dlX,'B')
dimB =

  1x0 empty double row vector

ラベル 'S' をもつ dlX の次元のサイズを取得します。

SSize = size(dlX,finddim(dlX,'S'))
SSize = 1×2

     4     3

入力引数

すべて折りたたむ

入力 dlarraydlarray オブジェクトとして指定します。

例: X = dlarray(randn(3,4),'ST')

単一の次元ラベル。次の dlarray 次元ラベルのいずれかとして指定します。

  • S — 空間

  • C — チャネル

  • B — バッチ観測値

  • T — 時間またはシーケンス

  • U — 指定なし

例: "C"

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

次元。実数ベクトルとして返されます。label に一致するラベルが入力配列 X に存在しない場合、dim は空になります。そのため、X が書式化されていない場合、dim は空になります。

拡張機能

バージョン履歴

R2019b で導入