ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

divideind

指定されたインデックスを使用した、3 つのセットへのターゲットの分割

構文

[trainInd,valInd,testInd] = divideind(Q,trainInd,valInd,testInd)

説明

[trainInd,valInd,testInd] = divideind(Q,trainInd,valInd,testInd) は、指定されたインデックスに従って、ターゲットを学習、検証、およびテストの 3 つのセットに分けます。引数として受け取ったインデックスと同じインデックスが実際に返されます。これは、ネットワークの学習、検証、およびテストに使用するインデックスを手動で設定できるようにすることを目的としたものです。

これは次の入力を取ります。

Q

分割するターゲットの数

trainInd

学習インデックス

valInd

検証インデックス

testInd

テスト インデックス

これは、以下を返します。

trainInd

学習インデックス (変更なし)

valInd

検証インデックス (変更なし)

testInd

テスト インデックス (変更なし)

[trainInd,valInd,testInd] = ...
divideind(3000,1:2000,2001:2500,2501:3000);

ネットワークの利用

train が呼び出されるときに、使用するデータ分割関数、そのパラメーター、およびターゲットを分割する基準を定義するネットワーク プロパティを以下に示します。

net.divideFcn
net.divideParam
net.divideMode

R2008a で導入