ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

divideblock

インデックスのブロックを使用した、3 つのセットへのターゲットの分割

構文

[trainInd,valInd,testInd] = divideblock(Q,trainRatio,valRatio,testRatio)

説明

[trainInd,valInd,testInd] = divideblock(Q,trainRatio,valRatio,testRatio) は、ターゲットを学習、検証、およびテストの 3 つのセットに分けます。これは次の入力を取ります。

Q

分割するターゲットの数。

trainRatio

学習用ターゲットの割合。既定値 = 0.7

valRatio

検証用ターゲットの割合。既定値 = 0.15

testRatio

テスト用ターゲットの割合。既定値 = 0.15

これは、以下を返します。

trainInd

学習インデックス

valInd

検証インデックス

testInd

テスト インデックス

[trainInd,valInd,testInd] = divideblock(3000,0.6,0.2,0.2);

ネットワークの利用

train が呼び出されるときに、使用するデータ分割関数、そのパラメーター、およびターゲットを分割する基準を定義するネットワーク プロパティを以下に示します。

net.divideFcn
net.divideParam
net.divideMode

R2008a で導入