Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

view

クラス: Autoencoder

自己符号化器の表示

説明

view(autoenc) は、自己符号化器 autoenc の図を返します。

入力引数

すべて展開する

学習済みの自己符号化器。Autoencoder クラスのオブジェクトとして返されます。

すべて展開する

学習データを読み込みます。

X = iris_dataset;

サイズが 5 の隠れ層と複号化器用の線形伝達関数を使用して自己符号化器に学習させます。L2 重み正則化項を 0.001、スパース正則化項を 4、スパース率を 0.05 に設定します。

hiddenSize = 5;
autoenc = trainAutoencoder(X, hiddenSize, ...
    'L2WeightRegularization',0.001, ...
    'SparsityRegularization',4, ...
    'SparsityProportion',0.05, ...
    'DecoderTransferFunction','purelin');

自己符号化器を表示します。

view(autoenc)

R2015b で導入