Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

plotWeights

クラス: Autoencoder

自己符号化器の符号化器の重みを可視化してプロット

説明

plotWeights(autoenc) は、自己符号化器 autoenc の重みを可視化します。

h = plotWeights(autoenc) は、自己符号化器 autoenc の符号器の重みを可視化するための関数ハンドル h を返します。

入力引数

すべて展開する

学習済みの自己符号化器。Autoencoder クラスのオブジェクトとして返されます。

出力引数

すべて展開する

image オブジェクト。ハンドルとして返されます。

すべて展開する

学習データを読み込みます。

X = digitTrainCellArrayData;

学習データは 1 行 5000 列の cell 配列です。各セルには、手書きの数字の合成イメージを表す 28 行 28 列の行列が含まれます。

25 個のニューロンが含まれる隠れ層を使用して自己符号化器に学習させます。

hiddenSize = 25;
autoenc = trainAutoencoder(X,hiddenSize, ...
  'L2WeightRegularization',0.004, ...
  'SparsityRegularization',4, ...
  'SparsityProportion',0.2);

学習済みの特徴を可視化します。

plotWeights(autoenc);

ヒント

  • plotWeights を使用すると、自己符号化器が学習する特徴を可視化できます。これは、イメージ データに対して自己符号化器に学習させる場合に使用します。重みの可視化の次元は、学習に使用されるイメージの次元と同じになります。

R2015b で導入