Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

データの選択

曲線近似アプリで近似するデータの選択

近似するデータを選択するには、曲線近似アプリのドロップダウン リストを使用して MATLAB® ワークスペースの変数を選択します。

  • 曲線で近似する場合は次のようにします。

    • [X データ] および [Y データ] を選択します。

    • [Y データ] のみを選択し、インデックス (x=1:length( y )) に対して Y をプロットします。

  • 曲面で近似する場合は、[X データ][Y データ] および [Z データ] を選択します。

曲線近似アプリのドロップダウン リストを使用して MATLAB ワークスペースの数値変数 (複数の要素を含む) を選択できます。

同様に、ワークスペースの任意の数値データを選択して [重み] として使用することができます。

曲線の場合、X、Y および重みは同じ数の要素をもつ行列でなければなりません。

曲面の場合、X、Y および Z は以下のいずれかでなければなりません。

  • 同じ数の要素をもつ行列

  • テーブル形式のデータ

曲面の場合、重みは Z と同じ数の要素をもたなければなりません。

詳細は、互換性のあるサイズの曲面データの選択を参照してください。

変数を選択すると、曲線近似アプリによって既定の設定で曲線近似または曲面近似がすぐに作成されます。大きなデータセットについて時間のかかる再近似を避けるには、[自動近似] チェック ボックスをオフにしてこの機能を無効にします。

メモ

曲線近似アプリでは、選択したデータのスナップショットが使用されます。ワークスペースで後からデータを変更しても近似には影響しません。ワークスペースから近似データを更新するには、最初に変数の選択を変更してから、ドロップダウン コントロールで変数を再度選択します。

互換性のあるサイズの曲面データの選択

曲面データの場合、曲線近似アプリで同じサイズの行列またはテーブル データを選択できます。

同じサイズの行列

曲線近似アプリでは同じサイズの入力が想定されています。サイズが異なっているが要素数が同じ場合、ツールは入力を再構築して近似を作成し、[結果] ペインに警告を表示します。この警告は選択したデータに問題がある可能性があることを示します。

テーブル データ

"テーブル データ" は、XY がテーブルの行および列のヘッダーを表し ("ブレークポイント" とも呼ばれる)、テーブル内の値が出力 Z の値であることを意味します。

以下の場合、サイズに互換性があります。

  • [X] が長さ n のベクトル。

  • [Y] が長さ m のベクトル。

  • [Z] がサイズ [m,n] の 2 次元行列。

次の表に、n = 4 および m = 3 のテーブル形式のデータの例を示します。

 x(1)x(2)x(3)x(4)
y(1)z(1,1)z(1,2)z(1,3)z(1,4)
y(2)z(2,1)z(2,2)z(2,3)z(2,4)
y(3)z(3,1)z(3,2)z(3,3)z(3,4)

関数 surf と同様に、曲線近似アプリでは length(X) = nlength(Y) = m および size(Z) = [m,n] の入力が想定されます。Z のサイズが [n,m] の場合、近似は作成されますが、最初に Z が転置されデータの変換についての警告が生成されます。[結果] ペインに次の例のような警告が表示されます。

Using X Input for rows and Y Input for columns 
to match Z Output matrix.

適切なサンプル テーブル データについては、次のコードを実行してください。

    x = linspace( 0, 1, 7 );
    y = linspace( 0, 1, 9 ).';
    z = bsxfun( @franke, x, y );

コマンド ラインで関数 fit を使用して曲面近似を行う場合、データがテーブル形式であれば関数 prepareSurfaceData を使用します。

重み

曲面の重みを指定する場合は、Z と同じサイズの入力を割り当てます。サイズが異なっているが要素数が同じ場合、曲線近似アプリは重みを再構築して警告を表示します。

データの問題のトラブルシューティング

選択したデータに問題がある場合は、[結果] ペインにメッセージが表示されます。たとえば、曲線近似アプリではデータに含まれる InfNaN、複素数の虚数部が無視されるため、そのような場合には [結果] ペインにメッセージが表示されます。

データの形状の変更または互換性のないサイズについての警告が表示される場合は、互換性のあるサイズの曲面データの選択で詳細を参照してください。

Duplicate x-y data points detected: using average of the z values 「重複する x-y のデータ点が検出されました: z 値の平均値を使用します。」という警告が表示される場合、入力値 (x, y) が同じか非常に近いデータ点が 2 つ以上あることを意味します。既定の内挿近似タイプでは、その点において一意の値を計算する必要があります。この問題を修正するために何か操作を行う必要はありません。この警告は参考情報にすぎません。曲線近似アプリは同じ x-y の値をもつ一連の点について、平均の z 値を自動的に求めます。

選択したデータに関する他の問題が原因で次のエラーが発生する場合があります。

Error computing Delaunay triangulation. Please try again with
different data.
データの配置が原因で曲線近似アプリで Delaunay 三角形分割を計算できません。4 つの曲面内挿法のうち 3 つ (線形、3 次および最近傍) で、データの Delaunay 三角形分割が必要です。このエラーの原因となる可能性があるデータの例として、すべてのデータが x-y の直線上にある場合が挙げられます。この場合、曲線近似アプリは曲面でデータを近似できません。曲面で近似するには、より多くのデータを提供する必要があります。

メモ

デバッグ モードの場合、データの選択は無効になっています。データの選択を変更するにはデバッグ モードを終了してください。