最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コマンド ラインでの制御システムの調整

TuningGoal オブジェクトを使用して調整目標を指定したら (調整目標を参照)、systune を使用してモデルのパラメーターを調整します。

systune コマンドでは、1 つ以上の設計目標を厳密な目標として指定できます。この指定により、必須目標とあるとよい調整目標を区別できます。systune は、関連するコスト関数が 1 より小さくなるようにして厳密な要件を満たそうとします。その制約の下で、ソフトウェアは残りの (柔軟な) 要件の達成に可能な限り近づきます。最良の結果を得るには、任意の目標を厳密な制約として適用する前に、すべての目標が柔軟な目標として扱われる妥当な設計を取得できるようにします。

TuningGoal オブジェクトを柔軟な要件のベクトルと厳密な要件のベクトルに整理します。たとえば、プラントの入力と出力で追従要件、抑制要件および安定余裕要件を作成したとします。次のコマンドでは、安定余裕を厳密な目標として扱い、追従要件と抑制要件を柔軟な目標として扱って、T0 で表される制御システムを調整します (T0 は、genss モデルまたは調整用に設定した slTuner インターフェイスです)。

SoftReqs = [Rtrack,Rreject];
HardReqs = [RmargIn,RmargOut];
[T,fSoft,gHard] = systune(T0,SoftReqs,HardReqs);

systune は、それぞれの調整要件を正規化されたスカラー値に変換します。変換される値は、柔軟な制約については f、厳密な制約については g になります。このコマンドは、それぞれ g < 1 という制約の下で、f の値が最も小さくなるように T0 の調整可能なパラメーターを調整します。systune は、SoftReqsHardReqs の各調整目標の最終的な正規化値を含むベクトル fSoft および gHard を返します。

独立した最適化の実行回数、収束許容誤差、出力表示オプションなどの systune アルゴリズムの追加オプションを設定するには、systuneOptions を使用します。

参考

| |

関連するトピック