Main Content

mps.cache.DataCache

MATLAB コード内のキャッシュ概念を表現

説明

mps.cache.DataCache は、MATLAB® コードのキャッシュ概念を表します。これは、各永続性プロバイダー固有のデータ キャッシュ クラスのスーパークラスとして機能する抽象クラスです。

現在、サポートされている永続性プロバイダーは Redis™ と MATLAB のみです。このため、キャッシュ オブジェクトのタイプは mps.cache.RedisCache または mps.cache.MATFileCache です。

作成

mps.cache.connect を使用して、永続性プロバイダー固有の mps.cache.DataCache のサブクラスを作成します。

プロパティ

プロパティについては、プロバイダー固有のサブクラスを参照してください。

オブジェクト関数

mps.cache.connectキャッシュに接続するか、キャッシュが存在しない場合にキャッシュを作成
bytes各キーに保存される値に対して使用されるストレージのバイト数を返す
clearキャッシュからすべてのキーと値を削除
flushローカルで変更したすべてのキーを永続性サービスに書き込む
getキャッシュからキーの値を取得
getpGet the value of a public cache property
isKeyキャッシュに指定されたキーが含まれているかどうかの確認
keysキャッシュからすべてのキーを取得
lengthデータ キャッシュ内のキーと値のペア数
purgeFlush all local data to the persistence service
putキーと値のペアをキャッシュに書き込む
removeRemove keys from cache
retainStore remote keys from cache locally or return locally stored keys

Redis キャッシュへの接続

永続性プロバイダーとして Redis を使用する永続性サービスを開始します。このサービスには、接続名と開いたポートが必要です。サービスが実行中になったら、接続名を使用してサービスに接続し、キャッシュを作成できます。

ctrl = mps.cache.control('myRedisConnection','Redis','Port',4519);
start(ctrl)
c = mps.cache.connect('myCache', 'Connection', 'myRedisConnection')
c = 

RedisCache with properties:

          Host: 'localhost'
          Port: 4519
          Name: 'myCache'
    Operations: "read | write | create | update"
     LocalKeys: {}
    Connection: 'myRedisConnection'

Use getp instead of dot notation to access properties.

バージョン履歴

R2018b で導入

参考

トピック