Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

mps.cache.Controller

MATLAB のテスト環境で永続性サービスのライフ サイクルを管理

説明

MATLAB® のテスト環境で永続性サービスのライフ サイクルを管理するには、mps.cache.Controller を使用します。このオブジェクトを使用して、サービスの開始や停止などのさまざまな操作を実行できます。

作成

mps.cache.control を使用して mps.cache.Controller オブジェクトを作成します。

プロパティ

すべて展開する

この プロパティ は読み取り専用です。

永続性サービスへの接続がアクティブかどうかを示します。永続性サービスが MATLAB セッションに接続している場合の値は True、それ以外の場合の値は False です。

例: ActiveConnection: False

この プロパティ は読み取り専用です。

コントローラー オブジェクトが永続性サービスを管理しているかどうかを示します。コントローラーの start メソッドを使用して永続性サービスが開始された場合、ManageServiceTrue になります。コントローラーの attach メソッドを使用して MATLAB セッションが永続性サービスに接続された場合は False になります。それ以外のすべての場合、値は Unknown に設定されます。

ManageServiceTrue の場合、delete を介してコントローラー オブジェクトを破棄するか、MATLAB を終了すると永続性サービスが停止します。

例: ManageService: True

この プロパティ は読み取り専用です。

永続性サービスをホストするシステムの名前。

永続性プロバイダーとして MATLAB を使用するコントローラーを作成した場合、このプロパティは表示されません。

例: Host: 'localhost'

この プロパティ は読み取り専用です。

永続性サービスのポート番号。

永続性プロバイダーとして MATLAB を使用するコントローラーを作成した場合、このプロパティは表示されません。

例: Port: 4519

この プロパティ は読み取り専用です。

永続性プロバイダーの名前。

現在、サポートされている永続性プロバイダーは Redis™ のみです。

テストの目的で MATLAB を永続性プロバイダーとして使用することもできます。MATLAB を永続性プロバイダーとして使用する場合、プロバイダー名は 'MatlabTest' と表示されます。

例: ProviderName: 'Redis'

例: ProviderName: 'MatlabTest'

この プロパティ は読み取り専用です。

永続性サービスへの接続の名前。

例: ConnectionName: 'myRedisConnection'

この プロパティ は読み取り専用です。

ストレージ フォルダー パス。表示されたフォルダーがデータベースとして使用されます。

"*" 永続性プロバイダーとして MATLAB を使用するコントローラーを作成した場合にのみ、このプロパティが表示されます。

例: Folder: 'c:\tmp'

オブジェクト関数

mps.cache.control永続性サービス コントローラー オブジェクトを作成する
start永続性サービスを開始して MATLAB セッションに接続
stop永続性サービスを停止して MATLAB セッションから切り離す
restart永続性サービスを再起動して MATLAB セッションに接続
attachConnect MATLAB session to persistence service that is already running
detach既に実行されている永続性サービスから MATLAB セッションを切断
ping永続性サービスに到達可能かどうかをテスト
version永続性プロバイダーのバージョン番号

Redis サービス コントローラーの作成

ctrl = mps.cache.control('myRedisConnection','Redis','Port',4519)
ctrl = 

  Controller with properties:

    ActiveConnection: False
       ManageService: Unknown
                Host: 'localhost'
                Port: 4519
          Operations: "read | write | create | update"
        ProviderName: 'Redis'
      ConnectionName: 'myRedisConnection'

MATLAB サービス コントローラーの作成

mctrl = mps.cache.control('myMATFileConnection','MatlabTest','Folder','c:\tmp') 
mctrl = 

  Controller with properties:

    ActiveConnection: False
       ManageService: Unknown
              Folder: 'c:\tmp'
          Operations: "read | write | create | update"
        ProviderName: 'MatlabTest'
      ConnectionName: 'myMATFileConnection'

バージョン履歴

R2018b で導入

参考

トピック