Main Content

length

データ キャッシュ内のキーと値のペア数

説明

num = length(c) は、データ キャッシュ c 内のキーと値のペアの総数を返します。

num = length(c,location) は、location で指定されたリモートまたはローカルに保存されたデータ キャッシュ c 内のキーと値のペア数を返します。

すべて折りたたむ

永続性プロバイダーとして Redis™ を使用する永続性サービスを開始します。このサービスには、接続名と開いたポートが必要です。サービスが実行中になったら、接続名を使用してサービスに接続し、キャッシュを作成できます。

ctrl = mps.cache.control('myRedisConnection','Redis','Port',4519);
start(ctrl)
c = mps.cache.connect('myCache', 'Connection', 'myRedisConnection');

いくつかのキーをローカルに保持します。

retain(c, {'keyOne','keyTwo'})

キーと値をキャッシュに追加します。

put(c,'keyOne',10,'keyTwo',20,'keyThree',30,'keyFour',[400 500],'keyFive',magic(5))

キーと値のペア数をカウントします。

numTotal = length(c)
numRemote = length(c,'Remote')
numLocal = length(c,'Local')
numTotal =

  int64

   5

numRemote =

  int64

   3

numLocal =

  int64

   2

keyOnekeyTwo はキャッシュに書き込まれる前に保持されたため、永続性サービスに書き込まれませんでした。これらのキーは、永続性サービスへのフラッシュまたはパージが行われるまで、ローカルに保存されます。

入力引数

すべて折りたたむ

永続性プロバイダー固有のデータ キャッシュ オブジェクトによって表されるデータ キャッシュ。

現在、サポートされている永続性プロバイダーは Redis と MATLAB® のみです。このため、キャッシュ オブジェクトのタイプは mps.cache.RedisCache または mps.cache.MATFileCache です。

例: c

クラス mps.cache.Location の列挙型メンバーとして指定されたキーの場所。有効な場所のオプションは、'Remote' または 'Local' のいずれかです。

例: 'Remote'

出力引数

すべて折りたたむ

データ キャッシュ内、あるいはリモートまたはローカルに保存されているキーと値のペアの総数。整数として返されます。

バージョン履歴

R2018b で導入

参考

| | | |

トピック