ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB 関数のパッケージ化後に生成されるファイル

パッケージ化のプロセスが完了すると、ターゲット フォルダーの場所に for_redistributionfor_redistribution_files_onlyfor_testing の 3 つのフォルダーが生成されます。

for_redistribution フォルダー

MATLAB® がマシンにインストールされていないユーザーに、for_redistribution フォルダーが配布されます。

このフォルダーには、アプリケーションと MATLAB Runtime (パッケージ化の時点でアプリケーションに含まれている場合) をインストールするファイル MyAppInstaller_web.exe が含まれます。ターゲット プラットフォーム上でターゲット言語を使用するパッケージ化されたアプリケーションを、ターゲット フォルダー内で使用可能にするためのすべてのファイルがインストールされます。

for_redistribution_files_only フォルダー

MATLAB がマシンにインストールされていないユーザーに、for_redistribution_files_only フォルダーが配布されます。このフォルダーには、ターゲット言語により、ターゲット プラットフォーム上でパッケージ化されたアプリケーションの使用を可能にする、固有のファイルが含まれています。

スタンドアロン アプリケーション

ファイル説明
filename.exe

スタンドアロン実行可能ファイル。

readme.txt

パッケージ化情報が含まれるテキスト ファイル。

splash.png

実行可能ファイルを起動すると、実行可能ファイルが配置された、同一のフォルダーからファイルが読み取られ、スプラッシュ スクリーンが表示されます。

Excel アドイン

ファイル説明
_install.bat

生成された dll ファイルを登録するファイル。

filename.bas

VBA プロジェクトにインポートできる VBA モジュール ファイル。

filename.xla

Excel® に直接追加できる Excel アドイン。.bas ファイルと .xla ファイルの両方は必要なく、いずれか 1 つで十分です。

filename_2_0.dll

生成された dllmwregsvr.exe または regsvr32.exe を使用して登録する必要があります。

readme.txt

パッケージ化情報が含まれるテキスト ファイル。

for_testing フォルダー

このフォルダーのファイルを使用して、アプリケーションをテストします。このフォルダーには、バイナリ、JAR ファイル、ヘッダー ファイル、ソース ファイルなど、特定のターゲットに使用するすべての中間アーティファクトや最終アーティファクトが含まれています。パッケージ化プロセス中に作成される最終アーティファクトは、for_redistribution_files_only フォルダーで説明されているファイルと同じです。パッケージ化されたアプリケーションをテストする方法の詳細については、次のトピックを参照してください。

生成される中間アーティファクトは、MATLAB ファイルのパッケージ化の結果です。これらはユーザーにとって重要ではありません。

このフォルダーには 2 つのテキスト ファイルも含まれています。mccExcludedFiles.txt には、パッケージ化アプリケーションから除外されたファイルがリストされ、requiredMCRProducts.txt にはアプリケーションを実行するために MATLAB Runtime で必要とされる製品の製品 ID が含まれています。

参考

|

関連するトピック