ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB からの Excel アドインの作成

サポートされるプラットフォーム: Windows® のみ

この例では、MATLAB® から Microsoft® Excel® アドインを生成する方法を示します。魔方陣を計算する、事前に記述された関数をパッケージ化します。MATLAB Compiler™ は、アドインと必要なすべての依存関係の両方をターゲット システムにインストールするインストーラーを生成します。MATLAB のライセンス コピーがターゲット システムにインストールされている必要はありません。

MATLAB で関数を作成

MATLAB で、スタンドアロン アプリケーションとして配布する MATLAB コードの内容を確認します。この例では、matlabroot\toolbox\matlabxl\examples\xlmagic にある mymagic.m を開きます。

function y = mymagic(x)

y = magic(x)

MATLAB コマンド プロンプトで、mymagic(5) と入力します。

出力は以下のようになります。

    17    24     1     8    15
    23     5     7    14    16
     4     6    13    20    22
    10    12    19    21     3
    11    18    25     2     9

ライブラリ コンパイラ アプリを使用して Excel アドインを作成

  1. [MATLAB アプリ] タブで、[アプリ] セクションの右端にある矢印をクリックします。[アプリケーション配布] で、[ライブラリ コンパイラ] をクリックします。[MATLAB Compiler] プロジェクト ウィンドウで、[Excel アドイン] をクリックします。

    または、MATLAB プロンプトで libraryCompiler と入力し、[ライブラリ コンパイラ] アプリを開きます。

  2. [MATLAB Compiler] プロジェクト ウィンドウで、配布する MATLAB アプリケーションのファイルを指定します。

    1. ツールストリップの [エクスポートする関数] セクションで、 をクリックします。

    2. [ファイルの追加] ウィンドウで、サンプルのフォルダーを参照し、パッケージ化する関数を選択します。[開く] をクリックします。

    エクスポートする関数ファイルのリストに関数が追加されます。同じアプリケーションに複数のファイルをパッケージ化するには、この手順を繰り返します。

  3. ツールストリップの [パッケージ化オプション] セクションで次のオプションのいずれかを選択して、生成されるアプリケーションに MATLAB Runtime インストーラーを含めるかどうかを決定します。

    • ランタイムを Web からダウンロードMATLAB Runtime をダウンロードするインストーラーを生成し、配布された MATLAB アプリケーションと共にインストールします。インストーラーのファイル名を指定できます。

    • ランタイムをパッケージに含めるMATLAB Runtime インストーラーを含むアプリケーションを生成します。インストーラーのファイル名を指定できます。

      メモ

      このオプションを最初に選択すると、MATLAB Runtime インストーラーをダウンロードするか、インターネットに接続できない場合は CD を入手するよう求めるメッセージが表示されます。

  4. mymagic.m で定義された関数が Class1 にマッピングされていることを確認します。

  5. パッケージ化されたアプリケーションとその外観をカスタマイズします。

    • ライブラリ情報 — 配布されるアプリケーションに関する編集可能な情報。また、アプリケーション アイコンとスプラッシュ スクリーンを変更して、スタンドアロン アプリケーションの外観をカスタマイズすることもできます。生成されるインストーラーはこの情報を使用して、インストールされるアプリケーションのメタデータを入力します。インストーラーのカスタマイズを参照してください。

    • 追加インストーラー オプション — 生成されるインストーラーの既定のインストール パスの編集と、カスタム ロゴの選択。インストール パスの変更を参照してください。

    • ライブラリの実行に必要なファイル — 生成されるアプリケーションを実行するために必要な追加ファイル。これらのファイルは、生成されるアプリケーション インストーラーに含められます。コンパイラ プロジェクトの必須ファイルの管理を参照してください。

    • エンド ユーザー用にインストールされるファイル — アプリケーションと共にインストールされるファイル。これらのファイルには、以下が含まれます。

      • 生成された readme.txt

      • ターゲット プラットフォーム用に生成される実行可能ファイル

      アプリケーションと共にインストールするファイルの指定を参照してください。

    • ランタイム追加設定 — 生成される実行可能ファイルを制御するためのプラットフォーム固有のオプション。ランタイム追加設定を参照してください。

アプリケーションのパッケージ化

  1. パッケージ化されたアプリケーションを生成するには、[パッケージ化] をクリックします。

    [プロジェクトを保存] ダイアログ ボックスで、プロジェクトを保存する場所を指定します。

  2. [パッケージ] ダイアログ ボックスで、[プロセスが完了したら出力フォルダーを開く] が選択されていることを確認します。

    パッケージ化プロセスが完了したら、生成された出力を調べます。

    • ターゲット フォルダーの場所に for_redistributionfor_redistribution_files_onlyfor_testing の 3 つのフォルダーが生成されます。

      これらのフォルダーに生成されるファイルの詳細については、MATLAB 関数のパッケージ化後に生成されるファイルを参照してください。

    • PackagingLog.txtMATLAB Compiler により生成されたログ ファイル。

参考

関連するトピック