Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

Simulink でのノイズを含む BPSK データ フレームの巡回冗長検査

CRC 符号を使用して、ノイズを含む BPSK 信号のフレーム誤りを検出します。

CRC 発生器と CRC 検出器のペアは、標準 CRC-4 多項式 $z^4+z^3+z^2+z+1$ を使用します。CRC の長さは、多項式の次数によって決定された 4 ビットになります。フレームごとのチェックサムの数は 1 であるため、完全な伝送フレームの終端に 1 つの CRC が付加されます。

バイナリ信号フレームは、フレームの終端に CRC 符号が付加されます。BSPK 変調が信号に適用され、信号が AWGN チャネルを通過します。信号が復調されると、CRC シンドローム検出器が CRC を削除し、CRC の誤りを計算します。

12 ビット フレームのバイナリ データを生成し、CRC ビットを追加します。多項式の次数に基づき、各フレームに 4 ビットが追加されます。BPSK 変調を適用し、AWGN チャネルを通して信号を渡します。復調を行い、CRC 検出器を使用してフレームに誤りが発生しているかどうかを判断します。

CRC 検出の結果が BER 計算と比較されます。

Number of bit errors detected:  6
Number of crc errors detected:  7