最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

noisebw

フィルターの等価なノイズ帯域幅

構文

bw = noisebw(num, den, numsamp, Fs)

説明

bw = noisebw(num, den, numsamp, Fs) は、分子ベクトル num と分母ベクトル den によって z の降べきの順に与えられるデジタル ローパス フィルターの両側等価ノイズ帯域幅を Hz 単位で返します。帯域幅は、インパルス応答の numsamp サンプルについて計算されます。Fs は、フィルターが処理する信号のサンプリング レートです。これは、正規化された単位なし量を Hz 単位の帯域幅に変換するためのスケーリング係数として使用されます。

すべて折りたたむ

100 のインパルス応答サンプルに対するバタワース フィルターの等価ノイズ帯域幅を計算します。

サンプリング レート、ナイキスト周波数および搬送周波数を設定します。

fs = 16;
fNyq = fs/2;
fc = 0.5;

バタワース フィルターを生成します。

[num,den] = butter(2,fc/fNyq);

ノイズ帯域幅を求めます。

bw = noisebw(num,den,100,fs)
bw = 1.1049

アルゴリズム

両側の等価ノイズ帯域幅は次により表されます。

Fsi=1N|h(i)|2|i=1Nh(i)|2

ここで、hnumden で記述されたフィルターのインパルス応答で、Nnumsamp です。

参考文献

[1] Jeruchim, Michel C., Philip Balaban, and K. Sam Shanmugan, Simulation of Communication Systems, New York, Plenum Press, 1992.

R2006a より前に導入