Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

maxstep

LMS イコライザーの収束のための最大ステップ サイズ

説明

mumax = maxstep(eq,x) は、eq System object™ によって定義されたイコライザーの係数の平均値の収束を提供するための、ステップ サイズの範囲を予測します。x 内の設定された入力信号シーケンスは、ゼロ平均をもつかそれに近いと想定されています。

すべて折りたたむ

8 つのフォワード タップと 5 つのフィードバック タップをもち、ステップ サイズが 0.03 の判定フィードバック LMS イコライザーを指定して、BPSK 変調器とイコライザー System object™ を作成します。

bpsk = comm.BPSKModulator;
eqdfe_lms = comm.DecisionFeedbackEqualizer('Algorithm','LMS', ...
    'NumForwardTaps',8,'NumFeedbackTaps',5,'StepSize',0.03);

イコライザーのリファレンス タップ インデックスを変更します。

eqdfe_lms.ReferenceTap = 4;

テスト データのセットを作成します。信号の畳み込みを行ってデータを受信します。

x = bpsk(randi([0 1],1000,1));
rxsig = conv(x,[1 0.8 0.3]);

maxstep を使用して最大許容ステップ サイズを求めます。

mxStep = maxstep(eqdfe_lms,rxsig)
mxStep = 0.1028

受信信号をイコライズします。最初の 200 個のシンボルをトレーニング シーケンスとして使用します。

y = eqdfe_lms(rxsig,x(1:200));

入力引数

すべて折りたたむ

イコライザー オブジェクト。comm.LinearEqualizer または comm.DecisionFeedbackFEqualizer System object として指定します。

入力信号。列ベクトルで指定します。入力信号のベクトルの長さは、InputSamplesPerSymbol プロパティの整数倍に等しくなければなりません。詳細については、シンボル タップ間隔を参照してください。

データ型: double
複素数のサポート: あり

出力引数

すべて折りたたむ

LMS イコライザーの収束のための最大ステップ サイズの予測。スカラーとして返されます。

R2019a で導入