Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

info

System object: comm.BasebandFileWriter
パッケージ: comm

ベースバンド ファイル ライターに関する特性情報

構文

s = info(bbw)

説明

s = info(bbw) は、構造体 s を返します。これには BasebandFileWriter System object™、bbw の特性情報が格納されています。s には次のフィールドがあります。

  • Filename はベースバンド データ ファイル名で、文字ベクトルとして返されます。ファイル名は絶対パスを示します。

  • SamplesPerFrame は各フレームのサンプル数で、正の整数として返されます。

  • NumChannels はチャネル数で、1 以上の正の整数として返されます。

  • DataType は入力データ型です。

  • NumSamplesWritten はファイルに書き込まれるサンプル数で、正の整数として返されます。このフィールドは、オブジェクトによって処理される合計サンプル数と NumSamplesWritten プロパティのうち、小さい方を返します。

メモ

オブジェクトがロックされると、すべてのフィールドを使用できます。オブジェクトのロックが解除されると、Filename および NumSamplesWritten フィールドのみを使用できます。