Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

動的メモリ割り当ての最小化

生成コードの実行が遅くなるため、可能な場合は動的メモリ割り当てを最小限にします。コード ジェネレーターで可変サイズの配列の上限を検出できない場合、動的メモリ割り当てが生じます。

可変サイズの配列の最大サイズがわかっている場合は、動的メモリ割り当てを回避できます。次の手順に従います。

注意

MATLAB® コードの可変サイズの配列に最大サイズが指定されていない場合、動的メモリ割り当てを無効にすると、コード生成エラーが生じます。動的メモリ割り当てを無効にする前に、MATLAB コードでの可変サイズ配列の最大サイズを指定しなければなりません。

関連するトピック