Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コード生成時の動的メモリ割り当ての無効化

MATLAB® Coder™ アプリを使用して動的メモリ割り当てを無効にするには、次の手順に従います。

  1. [生成] ダイアログ ボックスを開くために、[コード生成] ページの [生成] 矢印 をクリックします。

  2. [詳細設定] をクリックします。

  3. [メモリ] タブの [可変サイズ サポート] で、[動的メモリ割り当て][行わない] に設定します。

コマンド ラインで動的メモリ割り当てを無効にするには、次の手順に従います。

  1. MATLAB ワークスペースで、構成オブジェクトを定義します。

    cfg=coder.config('lib');
  2. 構成オブジェクトの DynamicMemoryAllocation プロパティを Off に設定します。

    cfg.DynamicMemoryAllocation = 'Off';

MATLAB コードの可変サイズの配列に上限が指定されていない場合、動的メモリ割り当てを無効にすると、コード生成エラーが生じます。したがって、MATLAB コードで上限のない可変サイズの配列を特定することができます。これらの配列は、生成コードで動的に割り当てられた配列です。

関連する例

詳細