Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

coder.ExternalDependency.isSupportedContext

クラス: coder.ExternalDependency
パッケージ: coder

ビルド コンテキストが外部依存関係をサポートするかどうかを判別

構文

tf = coder.ExternalDependency.isSupportedContext(bldcfg)

説明

現在のビルド コンテキスト外部依存関係を使用できる場合は、tf = coder.ExternalDependency.isSupportedContext(bldcfg) は true (1) を返します。coder.ExternalDependency から派生するクラスのクラス定義では、このメソッドが与えられなければなりません。

現在のビルド コンテキスト外部依存関係 を使用できない場合、エラー メッセージが表示され、コード生成が停止します。エラー メッセージは、外部依存関係をこのビルド コンテキストで使用できない理由を説明しなければなりません。メソッドが false (0) を返す場合、コード ジェネレーターは既定のエラー メッセージを使用します。既定のエラー メッセージは coder.ExternalDependency クラスの getDescriptiveName メソッドによって返される名前を使用します。

coder.BuildConfig メソッドを使用して、現在のビルド コンテキストで外部依存関係を使用できるかどうかを判別します。

入力引数

bldcfg

coder.BuildConfig オブジェクト。coder.BuildConfig メソッドを使用してビルド コンテキストに関する情報を取得します。

出力引数

tf

ビルド コンテキストが外部依存関係をサポートしている場合、値は true (1) です。

すべて展開する

コード生成ターゲットが MATLAB® ホスト ターゲットである場合、このメソッドは true (1) を返します。それ以外の場合は、メソッドはエラーを報告してコード生成が停止します。

isSupportedContext メソッドを記述します。

function tf = isSupportedContext(ctx)
    if  ctx.isMatlabHostTarget()
        tf = true;
    else
        error('adder library not available for this target');
    end
end

詳細

すべて展開する