Main Content

実行時チェック

ランタイム エラー チェックの説明と例

Polyspace® Code Prover™ 実行時チェックは、C/C++ コードに特定のタイプのランタイム エラーが存在すること、または存在しないことを証明しようとします。Code Prover 解析では、コードの実行、コード インストルメンテーションまたはテスト ケースを必要とすることなく、抽象的な解釈に基づいてランタイム エラーにフラグを設定します。明確なエラーは、解析結果にレッド チェックで表示されます。エラーがない場合はグリーン、エラーの可能性が高い場合や確定的でない場合はオレンジで表示されます。Code Prover の結果とソース コードの色も参照してください。

Polyspace は、以下の実行時の問題にフラグを設定します。

  • データ フロー チェック:この問題は、コード内の情報のフローに関連します。

  • 数値チェック:この問題は、算術演算に関連します。たとえば、オーバーフローゼロ除算などです。

  • 静的メモリ チェック:この問題は、範囲外の配列アクセスやポインターのデリファレンスなど、静的メモリ管理により発生します。

  • 制御フロー チェック:この問題は、ランタイム エラーにつながる制御フローの変更により発生します。

  • C++ チェック:この問題は、オブジェクト指向プログラミングや例外処理など、C++ に固有の手法により発生します。

  • その他のチェック:この問題は、特定の C/C++ ライブラリの使用により発生します。

これらのカテゴリを使用して、コードのランタイム エラーの可能性とその解決方法を理解できます。

カテゴリ