Main Content

コード メトリクス

コード メトリクスの説明と例

Bug Finder を使用して、プロジェクト レベル、ファイル レベル、関数レベルでコード メトリクスを計算できます。[コード メトリクスの計算] (-code-metrics) 解析オプションを使用して、コード メトリクスを計算します。Bug Finder でサポートされているコード メトリクスのリストについては、コード メトリクスを参照してください。

Code Prover ではスタック使用量メトリクスの計算がサポートされています。オプション [スタック使用量の計算] (-stack-usage) を使用して、コードのスタック使用量を計算します。

メモ

Code Prover の将来のリリースでは、スタック使用量メトリクス以外のコード メトリクスの計算はサポートされなくなります。コード メトリクスの計算については Bug Finder に移行してください。

Polyspace 結果

すべて展開する

最小スタック使用量入れ子にされたスコープを考慮した関数内のローカル変数の合計サイズに呼び出し先の最大スタック使用量を加えたもの
最大スタック使用量関数内のローカル変数の合計サイズに呼び出し先の最大スタック使用量を加えたもの
最大スタック使用量のプログラミング解析したプログラムの最大スタック使用量
最小スタック使用量のプログラミング入れ子にされたスコープを考慮した解析されたプログラムの最大スタック使用量
ローカル変数サイズのより高い推定値関数内のすべてのローカル変数の合計サイズ
ローカル変数サイズのより低い推定値入れ子にされたスコープを考慮した関数内のローカル変数の合計サイズ

トピック