Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink での Code Prover 解析

Simulink® モデルにインポートされたコード、およびモデルから生成されたコードを検証します。

Polyspace® は、Simulink モデル内の潜在的なバグ、ランタイム エラー、およびコーディング規約違反を特定するために使用します。Polyspace は検証と妥当性確認処理の 2 つのステップで使用します。

コード生成前に、モデルのカスタム コードによって生じる可能性がある問題を検出して対処する。カスタム コードは、C function ブロック、C caller ブロック、および S function ブロックに含まれます。Simulink モデル内のカスタム コードに対する Polyspace 解析の実行を参照してください。

コード生成後に、モデルで見つかるコード特有の問題に関して生成されたコードを分析する。これには、モデルでテストされていない部分や誤ったコード生成オプションによるエラーなどがあります。Embedded Coder によって生成されたコードに対する Polyspace 解析の実行を参照してください。

Polyspace と MATLAB® を統合した後、Polyspace 解析を Simulink ツールストリップから直接実行するか、または MATLAB スクリプトを使用して Polyspace 解析を自動化することができます。MATLAB や Simulink との Polyspace の統合およびMATLAB スクリプトを使用した Polyspace 解析の実行を参照してください。あるいは、システム コマンド ラインで Simulink モデルからオプション ファイルを生成して、生成されたコードに対してそのオプション ファイルを使用して Polyspace 解析を実行します。パッケージ化オプション ファイルを使用した、生成コードに対する Polyspace 解析の実行を参照してください。

関数

polyspacesetupPolyspace インストールと Simulink の統合
pslinkrunCrossReleaseR2020b 以降のバージョンの Embedded Coder で生成された C/C++ コードを、Simulink バージョンよりも新しい、異なるバージョンの Polyspace を使用して解析する
pslinkoptionsSimulink モデル、生成されたコード、または S-Function ブロックのコンフィギュレーションをカスタマイズするためのオプション オブジェクトを作成します。このオブジェクトを使用して、MATLAB コマンド ラインから実行する Polyspace でこれらの Simulink オブジェクトのコンフィギュレーション オプションを指定します。
pslinkrunモデル、システムまたは S-Function での Polyspace 解析の実行
pslinkfunコマンド ラインでのモデル解析の管理
polyspacePackNGoSimulink モデルから生成されたコードに対して Polyspace 解析を実行するためにオプション ファイルを生成してパッケージ化します。

クラス

polyspace.ModelLinkOptions生成されたコードに対して Polyspace 解析を実行するためのプロジェクト構成オブジェクトの作成

プロパティ

pslinkoptions のプロパティpslinkoptions オブジェクトのプロパティ
polyspace.ModelLinkOptions のプロパティオプション オブジェクト プロパティによる生成されたコードの Polyspace 解析のカスタマイズ

トピック

設定

生成されたコードの解析

カスタム コードの解析

詳細構成

生成されたコードの解析方法