Main Content

export

AUTOSAR アーキテクチャ モデル ARXML のエクスポートとコンポーネント コードの生成

説明

export(archCCM) は、ARXML 記述を AUTOSAR コンポーネント、コンポジションまたはアーキテクチャ モデル archCCM からエクスポートします。この関数は、エクスポートのスコープ内の AUTOSAR コンポーネントによってリンクされる Simulink® 実装モデルのコードの生成も行います。含んでいるアーキテクチャ モデルは開いているか、読み込まれていなければなりません。archCCM 引数は、addComponentaddCompositionautosar.arch.createModel または autosar.arch.loadModel への以前の呼び出しにより返されるコンポーネント、コンポジションまたはアーキテクチャ モデルのハンドルです。

export(archCCM,Name,Value)Name,Value のペアの引数を 1 つ以上使用して追加のエクスポート オプションを指定します。たとえば、生成されたファイルがパッケージ化される ZIP ファイルを指定できます。

すべて折りたたむ

コンポジションの XML 記述をエクスポートし、AUTOSAR アーキテクチャ モデルのコンポーネント コードを生成します。

% Load AUTOSAR architecture model
modelName = 'autosar_tpc_composition';
addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
archModel = autosar.arch.loadModel(modelName);
% Export composition XML descriptions and generate component code
export(archModel);

XML 記述をエクスポートし、AUTOSAR アーキテクチャ モデルで入れ子にされたコンポジションのコンポーネント コードを生成します。

% Load AUTOSAR architecture model
modelName = 'autosar_tpc_composition';
addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
archModel = autosar.arch.loadModel(modelName);
% Export nested Sensors composition
export(archModel.Compositions(1));

XML 記述をエクスポートし、AUTOSAR アーキテクチャ モデルのコンポーネント コードを生成します。PackageCodeAndArxml 値の引数で、生成されたファイルをパッケージ化する ZIP ファイルの名前を指定します。

% Load AUTOSAR architecture model
modelName = 'autosar_tpc_composition';
addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
archModel = autosar.arch.loadModel(modelName);
% Export ARXML descriptions and code into ZIP file
export(archModel,'PackageCodeAndARXML','myArchModel.zip');

コンポジションの XML 記述をエクスポートし、AUTOSAR アーキテクチャ モデルのコンポーネント コードを生成します。コンポジション XML エクスポートの一部として、コンポジション フォルダー内にあるファイル System.arxml への ECU 抽出を生成します。モデル例 autosar_tpc_composition の ECU 抽出は、最上位のコンポジションおよび入れ子にされた Sensors コンポジション両方のソフトウェア コンポーネントを 1 つの ECU にマッピングします。

% Load AUTOSAR architecture model
modelName = 'autosar_tpc_composition';
addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
archModel = autosar.arch.loadModel(modelName);
% Export ECU extract into composition folder
export(archModel,'ExportECUExtract',true);

入力引数

すべて折りたたむ

ARXML 記述をエクスポートし、コンポーネント コードを生成する AUTOSAR コンポーネント、コンポジションまたはアーキテクチャ モデル。この引数は、addComponentaddCompositionautosar.arch.createModel または autosar.arch.loadModel への以前の呼び出しにより返されるコンポーネント、コンポジションまたはアーキテクチャ モデルのハンドルです。

例: archModel

名前と値の引数

オプションの引数のペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に配置しなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用して各名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

例: 'PackageCodeAndARXML','SensorsComposition.zip' は、生成されたファイルをパッケージ化する ZIP ファイルの名前を指定します。

XML エクスポートの一部として、コンポジション フォルダー内にあるファイル System.arxml への ECU 抽出を生成します。コンポジションまたはアーキテクチャ モデルの ECU 抽出は、最上位のコンポジションおよび任意の入れ子にされたコンポジションのソフトウェア コンポーネントを 1 つの ECU にマッピングします。詳細については、コンポジションの ECU 抽出のエクスポートを参照してください。

例: 'ExportECUExtract',true

エクスポートされた ARXML 記述ファイルを配置するフォルダーへの絶対パス。

例: 'ExportedARXMLFolder','C:\temp\arxml'

生成コードとエクスポートされた ARXML 記述を含む、生成されたファイルをパッケージ化する ZIP ファイルの名前。

例: 'PackageCodeAndARXML','SensorsComposition.zip'

バージョン履歴

R2020a で導入