Main Content

autosar.arch.loadModel

AUTOSAR アーキテクチャ モデルの読み込み

説明

archModel = autosar.arch.loadModel(modelName) は、エディターでモデルを開くことなく、AUTOSAR アーキテクチャ モデル modelName をメモリに読み込みます。出力引数 archModel は、autosar.arch.Model オブジェクトであるモデル ハンドルを返します。モデルをメモリに読み込むと、アーキテクチャ関数を使用してこれを操作したり、関数 open を使用してモデルをエディターで開くことができます。関数 save を使用して変更を保存します。

すべて折りたたむ

AUTOSAR アーキテクチャ モデルをエディターで開かずにメモリに読み込み、モデル プロパティを返します。

modelName = 'autosar_tpc_composition';
addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
archModel = autosar.arch.loadModel(modelName)
archModel = 

  Model with properties:

              Name: 'autosar_tpc_composition'
        Components: [2×1 autosar.arch.Component]
      Compositions: [1×1 autosar.arch.Composition]
             Ports: [4×1 autosar.arch.ArchPort]
        Connectors: [7×1 autosar.arch.Connector]
    SimulinkHandle: 0.0031

入力引数

すべて折りたたむ

メモリに読み込む AUTOSAR アーキテクチャ モデルの名前。

例: 'myArchModel'

出力引数

すべて折りたたむ

autosar.arch.Model オブジェクトである AUTOSAR アーキテクチャ モデルのハンドルを返します。

バージョン履歴

R2020a で導入