Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

パターンのモデル化

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの動作と構造に対する Simulink® のモデリング パターン

Simulink のサポートするモデル化パターンにより、AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの構造や動作を柔軟にモデル化します。AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントを表すために、Simulink はブロックと接続部位、ワークスペースまたはディクショナリ データ、モデル パラメーターおよびマップされた AUTOSAR 構成を作成します。AUTOSAR 構成は AUTOSAR コンポーネントを記述し、Simulink モデル要素と AUTOSAR コンポーネント要素とのマッピングを提供します。AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント、インターフェイス、動作およびデータの Simulink 表現の詳細については、最初にAUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのモデル化を参照してください。

トピック

AUTOSAR 要素のモデル化

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのモデル化

Simulink モデルにおける AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの構造と動作をモデル化します。

AUTOSAR ランナブルのモデル化パターン

Simulink® モデル、サブシステム、関数を使用して、AUTOSAR アトミック ソフトウェア コンポーネントとそのランナブル エンティティ (ランナブル) をモデル化します。

エクスポートされた関数を使用した AUTOSAR ランナブルのモデル化

エクスポートされた Simulink® 関数を使用して AUTOSAR ランナブルをモデル化します。

AUTOSAR 通信のモデル化

AUTOSAR ポートとインターフェイスを備えた AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント間の通信をモデル化する。

AUTOSAR コンポーネントの動作のモデル化

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの内部動作をモデル化します。これには、ランナブル、イベント、インターランナブル変数の動作を含みます。

AUTOSAR バリアントのモデル化

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントは、定義された条件に基づき、AUTOSAR インターフェイスまたは実装を実行パスで有効または無効にするために使用するバリアントをモデル化します。

AUTOSAR キャリブレーション パラメーターとルックアップ テーブルのモデル化

AUTOSAR キャリブレーション パラメーターおよびルックアップ テーブルをモデル化します。これらは、測定ツールおよびキャリブレーション ツールを使用して、AUTOSAR アプリケーションの実行時調整をサポートします。

AUTOSAR データ型のモデル化

データ要素、オペレーション引数、キャリブレーション パラメーター、測定変数およびインターランナブル変数で使用される AUTOSAR データ型をモデル化します。

AUTOSAR ワークフロー

AUTOSAR のワークフロー

Simulink で AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントをモデル化するための、Simulink で作成されたラウンドトリップ ワークフロー。

AUTOSAR XML ファイル構造と要素情報のラウンド トリップの保存

ARXML エクスポート用に、インポートされた AUTOSAR XML ファイル構造、要素、および UUID を保存します。

AUTOSAR ワークフローの例

AUTOSAR の主要な設計ワークフローの例へのリンク。