Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

アプリベースの 5G 波形の生成

この例では、"5G 波形発生器" アプリを使用して、規格に準拠した NR のアップリンクとダウンリンクの搬送波形、NR テスト モデル (NR-TM)、および NR のアップリンクとダウンリンクの fixed reference channel (FRC) 波形を生成する方法を示します。この例では、アプリで使用できる、波形のエクスポートと転送のオプションについても説明します。

5G 波形発生器アプリを開く

MATLAB® ツールストリップの [アプリ] タブにある [信号処理と通信]"5G 波形発生器" アプリのアイコンをクリックします。5G 波形の生成用に構成された "無線波形発生器" アプリが開きます。

5G NR 波形の選択

アプリのツールストリップの [波形タイプ] セクションで、生成する波形をクリックします。次の波形のいずれかを選択します。

  • 5G Downlink

  • 5G Uplink

  • 5G Test Models

  • 5G Downlink FRC

  • 5G Uplink FRC

5G NR 波形の生成

選択した波形に応じて、選択した波形のパラメーターを設定できる特定のタブがアプリに表示されます。アプリのツールストリップの [生成] セクションで、劣化要因の追加や、選択した波形に適用できる可視化ツールの設定ができます。選択した可視化ツールで波形を可視化するには、[生成] をクリックします。

たとえば、次の図は、既定のパラメーターを使用した 5G NR ダウンリンク波形の可視化結果を示しています。

MATLAB ワークスペースまたは MATLAB ファイルへの生成波形のエクスポート

生成波形をエクスポートするには、アプリのツールストリップの [エクスポート] セクションで、[ワークスペースにエクスポート] または [ファイルへエクスポート] を選択します。波形を構造体として MATLAB ワークスペースまたは MAT ファイル (.mat) にエクスポートできます。波形をベースバンド ファイル (.bb) にエクスポートすることもできます。

MATLAB スクリプトへの波形構成パラメーターのエクスポート

波形構成パラメーターを MATLAB スクリプトとしてエクスポートするには、アプリのツールストリップの [エクスポート] セクションで、[MATLAB スクリプトのエクスポート] を選択します。エクスポートされた MATLAB スクリプトを実行して、アプリなしで波形を生成することができます。

Simulink への波形構成パラメーターのエクスポート

波形構成パラメーターを Simulink ブロックとしてエクスポートするには、アプリのツールストリップの [エクスポート] セクションで [Simulink にエクスポート] を選択します。エクスポートされたブロックを使用して、アプリなしで Simulink モデルの波形を生成することができます。

5G NR 波形の送信

生成された波形を送信するには、アプリのツールストリップで [送信機] タブをクリックし、計器を設定します。関数rfsiggen (Instrument Control Toolbox)でサポートされているすべての計器を使用できます。この機能にはInstrument Control Toolboxが必要です。

参考

アプリ

関連する例

詳細