Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

nrPSS

説明

sym = nrPSS(ncellid) は、物理レイヤーのセル ID 番号 ncellid のプライマリ同期信号 (PSS) シンボルを返します。この関数は、TS 38.211 の Section 7.4.2.2 [1]を実装するものです。

sym = nrPSS(ncellid,'OutputDataType',datatype) は PSS シンボルのデータ型を指定します。

すべて折りたたむ

与えられたセル ID について、127 個の PSS 2 位相シフト キーイング (BPSK) 変調シンボルから成るシーケンスを生成します。PSS は、同期信号/物理ブロードキャスト チャネル (SS/PBCH) ブロックの最初のシンボルで送信されます。

ncellid = 17;
pss = nrPSS(ncellid)
pss = 127×1

    -1
    -1
    -1
    -1
    -1
    -1
     1
     1
     1
    -1
      ⋮

入力引数

すべて折りたたむ

物理レイヤーのセル ID 番号。0 ~ 1007 の整数として指定します。

データ型: double

出力シンボルのデータ型。'double' または 'single' として指定します。

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

PSS シンボル。実数の列ベクトルとして返されます。

データ型: single | double

参照

[1] 3GPP TS 38.211. “NR; Physical channels and modulation.” 3rd Generation Partnership Project; Technical Specification Group Radio Access Network.

拡張機能

バージョン履歴

R2018b で導入