MathWorks が MATLAB/Simulink 製品ファミリーの Release 2018b でディープラーニングの機能を拡張

Natick, Massachusetts, United States - (2018年9月18日)

MathWorks は本日、MATLAB および Simulink の Release 2018b を発表しました。このリリースには、製品ファミリー全体にわたる新しい機能やバグ修正とともに、ディープラーニングの大幅な強化が盛り込まれています。Neural Network Toolbox に代わる新しい Deep Learning Toolbox は、エンジニアや科学者にディープ ニューラル ネットワークの設計と実装のためのフレームワークを提供します。画像処理、コンピューター ビジョン、信号処理、およびシステム関連のエンジニアは、MATLAB を使用して、複雑なネットワーク アーキテクチャをより容易に設計し、それらのディープラーニング モデルのパフォーマンスを改善できるようになりました。

MathWorks は最近、相互運用性への取り組みを示すために ONNX コミュニティに参加し、MATLAB のユーザーと他のディープラーニング フレームワークとの間のコラボレーションを可能にしました。R2018b の新しい ONNX コンバーターを使用して、エンジニアは、PyTorch、MxNet、および TensorFlow などのサポートされているフレームワークからモデルをインポートおよびエクスポートすることができます。この相互運用性は、MATLAB で学習されたモデルを他のフレームワークで使用することを可能にします。同様に、他のフレームワークで学習されたモデルを MATLAB に取り込んで、デバッグ、検証、組み込み配布などのタスクを実行することができます。さらに、R2018b は、一行のコードでアクセス可能な参照モデルのセットを提供します。また、追加されたモデル インポーターにより、Caffe および Keras-Tensorflow からのモデルの使用が可能になります。

MathWorks の MATLAB マーケティング ディレクターである、デビッド・リッチ氏は、「ディープラーニングがさまざまな産業で普及するにつれ、各種専門分野のエンジニアや科学者からこの技術を利用可能かつアクセス可能にし、それらの分野に対応できるようにする必要があります」と述べています。「現在、ディープラーニングの初心者および専門家は、研究からプロトタイプ、量産にいたるまで、統合されたディープラーニング ワークフローを利用して、MATLAB で高度な研究を学び、適用し、実施することができます。」

MathWorks は R2018b においても、ディープラーニング ワークフローの生産性と使いやすさの改善を継続しています。

·         ユーザーが複雑なネットワーク アーキテクチャを作成したり、転移学習のために複雑な事前学習済みのネットワークを変更したりできる Deep Network Designer アプリ

·         NVIDIA GPU クラウド上の MATLAB Deep Learning Container と、Amazon Web Services および Microsoft Azure 用の MATLAB リファレンス アーキテクチャでクラウド ベンダーをサポートすることにより、デスクトップ機能を超えたネットワーク トレーニング パフォーマンスの改善

·         オーディオ、ビデオ、およびアプリケーション固有のデータストアの Ground Truth ラベル アプリケーションを含むドメイン固有のワークフローのサポートを拡張し、大量の収集データでの作業をより容易かつ高速にする

R2018b では、GPU Coder は、NVIDIA ライブラリをサポートし、自動調整、レイヤー フュージョン、バッファーの最小化などの最適化を追加することにより、推定パフォーマンスが一層改善されています。さらに、Intel MKL-DNN および ARM Compute Library を使用して、Intel および ARM プラットフォームの導入サポートが追加されています。

R2018b は今すぐに入手可能です。MATLAB および Simulink 製品ファミリーに対するすべての新しい機能およびバグ修正の詳細については R2018b Highlights ビデオをご覧ください。

MathWorks について

MathWorks(マスワークス)は、数学的計算で業界をリードする世界的なソフトウェア 開発会社です。MATLAB は、Language of Technical Computing(技術計算言語 ) として、アルゴリズム開発、データ解析、視覚化、数値計算のためのプログラミング環境を提供します。Simulink は、マルチドメイン シミュレーションやダイナミック システム、および組込みシステムのモデルベース デザインのためのグラフィカル環境です。 世界中のエンジニアや科学者が、自動車、航空宇宙、エレクトロニクス、金融機関、生命工学、製薬などの産業分野において、発見、革新、開発を加速させるためのツールとしてこれらのプロダクト ファミリを活用しています。また、MathWorksの製品は、教育および研究に欠かせないツールとして、 世界各国の大学や教育機関において活用されています。MathWorksは 1984 年に創業、現在は、マサチューセッツ州ネイティックを本拠地とし、世界の16カ国以上で 4000 名以上の従業員が活躍しています。詳細については jp.mathworks.com をご覧ください。

MATLAB and Simulink are registered trademarks of The MathWorks, Inc. See mathworks.com/trademarks for a list of additional trademarks. Other product or brand names may be trademarks or registered trademarks of their respective holders.