自動検査システムや自動欠陥検出システムでは、AI を使用して、製造部品の故障や欠陥を検査します。この手法により、金属レール、半導体ウエハ、コンタクトレンズなど、さまざまな業界において、製品表面の欠陥を自動的に検出することができます。

この ebook では、MATLAB® を使用して、さまざまな種類の異常を検出および分類するためのディープラーニング ネットワークを開発する方法を説明します。

欠陥検出ワークフローにおける、以下の 3 つの主要な段階について学習します。

  1. ノイズ除去、登録、ラベル付けなどのデータの準備
  2. ディープラーニング ネットワークの構築と学習
  3. CPU や GPU などの複数のハードウェア プラットフォームへのネットワークの展開

30日間無料トライアル

MATLAB、Simulink、その他の製品を試してみる。

詳細を見る