MATLAB および Simulink プロジェクト

 

MATLAB および Simulink におけるプロジェクト管理

作業の整理、タスクとプロセスの自動化、チームとの共同作業

MATLAB® と Simulink® を使用すると、必要なファイルをすばやく整理し、自動化によりよくやる操作を一貫して実行し、ソース管理と統合して、プロジェクトを管理できます。MATLAB と Simulink のプロジェクトを使用すれば、次のことが可能です。

  • チーム全体でプロジェクトのパスを設定および管理
  • プロジェクトを解析し、依存関係の解析ビューを使用して必要なファイルを確認
  • よくやる操作の作成および保存、そして、簡易アクセス
  • Git™ および Subversion® (SVN) との組み込み型の統合機能、または外部のソース管理ツールを使用して、変更を追跡および制御
  • Simulink のプロジェクト ファイルとモデルを最新のリリースにアップグレード

プロジェクトでのMATLAB および Simulink の使用

タスク、プロセスおよびファイル管理自動化

プロジェクトには開始時にファイルを実行し、読み込み、開き、終了時にファイルをクリーンアップするような設定ができます。プロジェクトでは、正しいファイルを見つけて実行できるようにパス
管理されます。よく使う操作はプロジェクトのショートカットにすることで、特定および共有できます。

また、プロジェクトAPI を使用して、新しいプロジェクトを作成したり、変更されたファイル、依存関係、ショートカット、ラベルの使用など、ファイルを操作するためのプロジェクトタスクを自動化することもできます。

依存関係とファイル変更の影響を解析

依存関係の解析を実行してプロジェクトの構造を解析し、必要なファイルを見つけられます。影響ビューでは、個々のファイルを変更したことによる影響を視覚的に確認できます。不足しているファイル、プロジェクトに存在しないファイル、未保存の変更、期限の切れた派生ファイルなどの問題については、影響ビューから特定および解決できます。

ソース管理との統合

プロジェクトでは、変更の更新、コミット、マージ、そして、変更履歴の表示、や競合の管理などの操作をプロジェクト環境から直接実行できます。

プロジェクトは、Git および Subversion (SVN) の 2 つのソース管理システムと統合されています。Simulink プロジェクトでは、すぐに使えるアダプタを使用して、Perforce P4SL、TFS、Polarion などのサードパーティ ツールと統合することもできます。

関連情報: 

分散型ソース管理のワークフロー (例: Git を使用した場合)

プロジェクト階層では、大規模なプロジェクトのコンポーネントとしての親プロジェクトおよび参照プロジェクトの使用を示すプロジェクト階層。

プロジェクト開発とテストをコンポーネント化

MATLAB は、親プロジェクトから他のプロジェクトを参照できるようにすることで、大規模なプロジェクトのコンポーネント化をサポートします。大規模なプロジェクトをコンポーネント化することで、そして、コードの再利用、モジュールベースおよびチームベースの開発、テスト、コンポーネントの個別リリースが容易になります。

プロジェクトでは、他の複数のプロジェクトを階層的に参照できます。

親プロジェクトでは、次のような作業が可能です。

  • すべての参照プロジェクトのプロジェクト パス、エントリポイントのショートカット、ソース管理情報へのアクセス。
  • 参照プロジェクトに属するファイルの表示、編集、そして実行。
  • チェックポイントを使用した参照プロジェクトにおける変更の検出。

関連情報: 

MATLAB および Simulink のリリース間でプロジェクトを維持

アップグレード ツールでは、Simulink モデルを最新のリリースにアップグレードし、MATLAB コードに対する推も行います。プロジェクトのアップグレード ツールは、可能な場合は Simulink モデルに自動的に修正を適用します。また、このツールでは、MATLAB コードを評価してレポートを作成します。

関連情報: