Release 2017a に組み込まれている Version 3.2 には、バグ フィックスが含まれます。

  • rfBudgetAnalyzer アプリでのゼロ IF サポート: ダイレクト コンバージョン送受信を解析
  • RF バジェット解析のための MATLAB 機能: RF バジェット解析の自動化とスクリプト生成
  • rfBudgetAnalyzer アプリからの MATLAB スクリプトの生成: RF バジェット解析のスクリプト生成を自動化

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

2016b で提供される3.1 には、バグフィクスが含まれています。

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

Release 2016a に組み込まれている Version 3.0 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • RF Budget Analyzer:カスケード接続された RF コンポーネントのゲイン、雑音指数、IP3 を解析的に計算します。

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Release 2015b に組み込まれている Version 2.17 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • LC ラダー オブジェクト: LC 素子のさまざまなラダー構成を作成し、任意のネットワークに含めます。
  • 群遅延の計算: 任意のトポロジーを使用するネットワークと、任意の S パラメーター データに関する群遅延を計算します。
  • rationalfit 関数の例: S パラメーター データを近似させるベスト プラクティスを確認します。

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Release 2015a に組み込まれている Version 2.16 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • N ポート S パラメーターの回路要素: S パラメーター コンポーネントを含む RF ネットワークを解析します。
  • T パラメーター データ オブジェクト: T パラメーター データの格納と、他の形式からの変換を行います。
  • rfplot の改善: 実際のデータ、架空データ、振幅データまたは角度データをプロットします。

詳細については、リリース ノートをご覧ください。