Version 3.7, part of Release 2019b, includes the following enhancements:

  • Inverse Chebyshev Filter: Design inverse Chebyshev filters using the command line or RF Budget Analyzer app
  • generateSPICE function for rationalfit: Generate SPICE subcircuits after S-parameters rational fitting
  • setrfplot function for rfplot: Toggle the X-axis scale of rfplot between scalar and engineering units

See the Release Notes for details.

Version 3.6, part of Release 2019a, includes the following enhancements:

  • Passivity Enforcement for rationalfit: Test, visualize, and enforce passivity of n-port rationalfit models
  • RF Filter element in RF Budget Analyzer app: Perform RF budget analysis including RF filters such as Butterworth and Chebyshev
  • Matching network object: Design narrowband matching networks for RF circuit

See the Release Notes for details.

Version 3.5, part of Release 2018b, includes the following enhancements:

  • S-parameters Plotting in RFBudgetAnalyzer App: Plot S-parameter magnitude, phase, and group delay for the stages of a budget object
  • RF Filter Element: Design a behavioral model of an RF filter and add it to an RF circuit

See the Release Notes for details.

Release 2015b に組み込まれている Version 2.17 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • LC ラダー オブジェクト: LC 素子のさまざまなラダー構成を作成し、任意のネットワークに含めます。
  • 群遅延の計算: 任意のトポロジーを使用するネットワークと、任意の S パラメーター データに関する群遅延を計算します。
  • rationalfit 関数の例: S パラメーター データを近似させるベスト プラクティスを確認します。

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Version 3.3, part of Release 2017b, includes the following enhancements:

  • smithplot Function: Visualize network parameters, data, and markers on a Smith chart
  • Plot button in RF Budget Analyzer App: Visualize budget results across signal bandwidth

See the Release Notes for details.

Release 2017a に組み込まれている Version 3.2 には、バグ修正が含まれます。

  • rfBudgetAnalyzer アプリでのゼロ IF サポート: ダイレクト コンバージョン送受信を解析
  • RF バジェット解析のための MATLAB 機能: RF バジェット解析の自動化とスクリプト生成
  • rfBudgetAnalyzer アプリからの MATLAB スクリプトの生成: RF バジェット解析のスクリプト生成を自動化

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

2016b で提供される3.1 には、バグフィクスが含まれています。

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

Release 2016a に組み込まれている Version 3.0 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • RF Budget Analyzer:カスケード接続された RF コンポーネントのゲイン、雑音指数、IP3 を解析的に計算します。

詳細については、リリース ノートをご覧ください。