微分方程式の補完され​た時変パラメータを確​認する方法

1 ビュー (過去 30 日間)
CT
CT 2021 年 6 月 7 日
回答済み: Naoya 2021 年 6 月 10 日
この質問で扱われている時変パラメータがinterp1によってどのように補完されたかを確認する方法はないでしょうか。
function dydt1 = myODE1(t1,y1)
ft = interp1(tv, ftv, t1,'spline'); % 時刻 t におけるパラメータの値を補間
dydt1 = - ft *y1; % 時刻 t における導関数の値を計算
end
このコードにおけるftを確認したいです。
確認というのはグラフでプロットするなど元の時変パラメータと比較したいということです。

回答 (1 件)

Naoya
Naoya 2021 年 6 月 10 日
一例となりますが、以下のコマンドでどのように補間されるか確認できます。
% interp1 で利用する 代表点 を定義
tv = linspace(0,pi/2,10); % 時間ベクトル(tv)と対応するパラメータ値(ftv)を定義
ftv = sin(tv);
% interp1 で利用する 内挿する点群を定義
t1 = linspace(0,pi/2,1000);
% interp1 の実行 / 結果表示
ft = interp1(tv, ftv, t1,'spline');
plot(tv, ftv, 'o',t1, ft)

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!