ループ処理の中で、繰​り返し番号つきのファ​イル名でデータを保存​するにはどうしたらよ​いですか?

507 ビュー (過去 30 日間)
MathWorks Support Team
MathWorks Support Team 2013 年 10 月 25 日
編集済み: MathWorks Support Team 2018 年 8 月 2 日
ループ処理の中で、繰り返し番号つきのファイル名でデータを保存する方法を教えてください。

採用された回答

MathWorks Support Team
MathWorks Support Team 2018 年 8 月 2 日
編集済み: MathWorks Support Team 2018 年 8 月 2 日
num2str 関数を使って、ループ内でファイル名を作成し、save 関数などのファイルI/Oを使って保存することができます。
下記の例では、ASCII形式にて通し番号つきのファイルを作成します。
rootname = 'file'; % ファイル名に使用する文字列
extension = '.dat'; % 拡張子
for k = 1:5
data = 2*k;
filename = [rootname, num2str(k), extension]; % ファイル名の作成
save(filename,'data','-ascii') % ファイルへの保存
end
上記を実行すると、file1.dat, file2.dat, ..., file5.dat というファイルが作成されます。
なお、通し番号つきの変数(A1, A2,...,An)については、eval 関数を使って定義する方法よりも、構造体やセル配列などを用いて 1つの変数として管理する方法が推奨されています。
通し番号つきファイルや変数の作成については、以下のドキュメンテーションでも紹介されています。
・MATLAB: 関数 eval の代替方法

その他の回答 (0 件)

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!