Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。ここをクリックして、元の英語を参照してください。

セットアップMATLAB Web App Server

MATLAB® Web App Server™製品のインストールが完了したら、サーバーをセットアップできます。製品のインストールについては、 「MATLAB Web App Server製品のインストールまたはアンインストール」を参照してください。

ライセンスマネージャー

ライセンス マネージャーを使用せずにMATLAB Web App Serverをセットアップできます。ただし、 MATLAB Web App Serverを使用する前に、ネットワーク上でライセンス マネージャーを実行する必要があります。詳細については、ライセンス サーバーへのライセンス マネージャーのインストールを参照してください。

MATLAB Runtime のインストール

  1. MATLAB Runtime インストーラーを MathWorks® Web サイトまたは MATLAB デスクトップからダウンロードします。

    オプション手順
    MathWorks Web サイト

    適切なプラットフォームとリリース固有のインストーラーを次から選択します。

    https://www.mathworks.com/products/compiler/matlab-runtime.html

    MATLAB デスクトップ

    MATLAB コマンド プロンプトで、次を入力します。

    compiler.runtime.download (MATLAB Compiler)

  2. インストーラーを使用して、 MATLABランタイムをインストールします。インストール手順については、MATLAB Runtime のインストールと構成 (MATLAB Compiler)を参照してください。

サーバーのセットアップ

  1. MATLAB Web App Server 製品をインストールしたら、MATLAB Web App Server コマンド ライン スクリプトが含まれているフォルダーに移動します。

    オペレーティング システムコマンド ライン スクリプトの既定の場所

    Windows® (管理者)

    C:\Program Files\MATLAB\MATLAB Web App Server\R2023b\script

    Linux® (sudo)

    /usr/local/MATLAB/MATLAB_Web_App_Server/R2023b/script

    macOS (Intel®プロセッサ) (sudo)

    /Applications/MATLAB/MATLAB_Web_App_Server/R2023b/script

  2. オペレーティング システムのコマンド ラインで、次のように入力して対話型のセットアップ インターフェイスを起動します。

    オペレーティング システムコマンド

    Windows (管理者)

    webapps-setup

    Linux (sudo)

    webapps-setup

    macOS (Intelプロセッサ) (sudo)

    webapps-setup

    MATLAB Web App Server は2 つのサービスを登録します。

    • サーバーを実行するためのサービス。

    • アプリを実行するためのサービス。

    プラットフォーム固有のサービス名については、 サービス情報、グループ、およびフォルダーの場所を参照してください。

  3. プロンプトでライセンス サーバーに関する情報を入力します。この情報は、次の 2 つの方法のいずれかで指定できます。

    • ポート番号@ライセンスサーバー名。たとえば、27000@myLicenseServer です。

    • ライセンス ファイルへのパス。たとえば、C:\myLicenses\license.lic です。

    ライセンス マネージャーをセットアップしていない場合は、入力残りのセットアップ プロセスを続行します。ライセンス マネージャーを設定した後、 webapps-configを使用してライセンス マネージャーに接続します。

  4. サーバー サービスとアプリ サービスを実行するためのユーザー アカウントを指定します。デフォルトのアカウントを使用するには、 を押します入力。デフォルトのアカウント名については、 「 サービス情報、グループ、およびフォルダーの場所 」を参照してください。

    サーバー サービスを実行するためのデフォルト アカウントであるMwWebAppServerR2023b には、HTTP および HTTPS トラフィックを処理し、認証を管理する権限があります。このアカウントには、Web アプリが含まれるアプリ フォルダーに書き込む権限があります。サーバーに関連付けられた SSL 秘密キーと認証構成を読み取ることができます。

    アプリ サービスを実行するためのデフォルト アカウントであるMwWebAppWorkerR2023bには、マシン上の標準ユーザーの権限があります。このアカウントは、Web アプリの読み取りと実行、およびログの生成を行うことができます。

    警告

    サーバー サービスとアプリ サービスに同じアカウントを使用しないでください。同じアカウントを使用すると、サーバーが悪意のあるアプリのエクスプロイトに対して脆弱になります。

    既存のアカウントを使用する

    サーバーおよびアプリ サービスの既定のアカウントの代わりに既存のアカウントを使用できます。これらのアカウントはローカル アカウントであることも、ドメインの一部であることもあり、低い特権を持つ必要があります。

    Windowsシステムでは、ドメイン アカウントをDOMAIN_NAME\accountNameとして指定します。 (R2023a 以降)

    警告

    管理者アカウントを使用してワーカーまたはサーバー サービスを実行することは避けてください。これによりセキュリティ リスクが高まり、管理者にとってMATLAB Web App Serverの管理に問題が生じる可能性があります。

  5. プロンプトで MATLAB ynランタイム バージョンを指定します。セットアップ ユーティリティは、デフォルトのインストール場所にインストールされている限り、マシンにインストールされているすべてのMATLABランタイム バージョンを自動的に検索します。

    MATLABランタイムがインストールされていない場合は、 MATLAB Runtime のインストールの手順に従い、 webapps-runtimeを使用して構成します。

セットアップが完了したら、 webapps-startを使用してサーバーを起動できます。

コンテナ環境のセットアップ

R2022b 以降では、 MATLABコンテナーでDocker® Web アプリを実行できるようになりました。詳細については、webapps-containersを参照してください。

MATLAB Web アプリをDockerコンテナーで実行するには、 MATLABランタイム R2022b 以降を使用する必要があります。MATLABランタイムの以前のバージョンはサポートされていません。ただし、コンテナーで Web アプリを実行する予定がない場合は、R2019b に遡ってMATLABランタイムのバージョンを引き続き使用できます。

サービス情報、グループ、およびフォルダーの場所

MATLAB Web App Serverをセットアップすると、アプリのアップロード、ログのキャプチャ、およびサーバー構成の管理のための 2 つのサービスとフォルダーが作成されます。

サービスのご案内

オペレーティング システムサーバー サービス情報アプリ サービス情報

Windows

アカウント名: MwWebAppServerR2023b

サービス名: mw-webapps-R2023b

アカウント名: MwWebAppWorkerR2023b

サービス名: mw-webapps-launcher-R2023b

Linux

アカウント名: MwWebAppsServerR2023b

サービス名: mw-webapps-R2023b

サービス ファイル: /etc/systemd/system/mw-webapps-R2023b.service

アカウント名: MwWebAppsWorkerR2023b

サービス名: mw-webapps-launcher-R2023b

サービス ファイル: /etc/systemd/system/mw-webapps-launcher-R2023b.service

macOS (Intel プロセッサ)

アカウント名: MwWebAppsServerR2023b

サービス名: com.mathworks.mw-webapps-R2023b

サービス ファイル: /Library/LaunchDaemons/com.mathworks.mw-webapps-R2023b.plist

アカウント名: MwWebAppsWorkerR2023b

サービス名: com.mathworks.mw-webapps-launcher-R2023b

サービス ファイル: /Library/LaunchDaemons/com.mathworks.mw-webapps-launcher-R2023b.plist

グループ

オペレーティング システムグループ名説明

Windows

MwWebAppAuthorsR2023b

このグループのメンバーは、アプリケーションをサーバーにアップロードできます。

Linux

MwWebAppsAuthorsR2023b

このグループのメンバーは、アプリケーションをサーバーにアップロードできます。

macOS (Intel プロセッサ)

MwWebAppsAuthorsR2023b

このグループのメンバーは、アプリケーションをサーバーにアップロードできます。

フォルダーの場所

オペレーティング システムフォルダー

Windows

アプリフォルダー: %ProgramData%\MathWorks\webapps\R2023b\apps

ログ フォルダー: %ProgramData%\MathWorks\webapps\R2023b\logs

設定フォルダー: %ProgramData%\MathWorks\webapps\R2023b\config

Linux

アプリフォルダー: /local/MathWorks/webapps/R2023b/apps

ログ フォルダー: /local/MathWorks/webapps/R2023b/logs

設定フォルダー: /local/MathWorks/webapps/R2023b/config

macOS (Intel プロセッサ)

アプリフォルダー: /Library/Application Support/MathWorks/webapps/R2023b/apps

ログ フォルダー: /Library/Application Support/MathWorks/webapps/R2023b/logs

設定フォルダー: /Library/Application Support/MathWorks/webapps/R2023b/config

フォルダーを作成して Web アプリを整理する

appsルート フォルダー内にフォルダーを作成して、Web アプリを整理できます。Web アプリのホームページには、ルート レベルで作成されたフォルダーのみが表示されます。サブフォルダーはサポートされていないため、存在する場合でもホーム ページには表示されません。フォルダーを作成するには、webapps-appdirコマンド ライン インターフェイスを使用する必要があります。そうしないと、作成するフォルダーに必要な権限が与えられなくなります。appsルート フォルダー内にフォルダーを作成することはオプションですが、そうすることで Web アプリを整理し、フォルダー内に含まれる Web アプリにポリシー ベースのアクセスを適用できます。詳細については、ポリシーベースのアクセスを参照してください。

Sample apps folder hierarchy.

参考

関連するトピック