Main Content

ROI の強度値の最大値への置き換え

この例は、入力イメージ内の関心領域 (ROI) の最大強度値を見つけ、ROI のピクセルをその最大値に置き換える方法を示しています。

MATLAB ワークスペースへのデータの読み込み

モデルへの入力は、元のイメージ、ラベル行列、およびラベル値です。ラベル行列には、入力イメージの必要な ROI が含まれています。ラベル行列を MATLAB ワークスペースに読み込みます。

load Snowflakes_mask.mat

ラベル行列で一意のラベル値を見つけます。ラベル値 0 は背景に対応しているため、無視しなければなりません。

lb = unique(Labelmatrix);
label = lb(2:end);

モデル例

Simulink モデルを開きます。モデルは、Image From File ブロックを使用して、入力イメージを読み取ります。

open_system('ex_blk2dmaximum.slx');

モデルは、各 ROI の最大強度値を計算し、ROI のすべてのピクセル値を最大値に置き換えます。モデルは、これらの 2-D Maximum ブロック パラメーターを、指定された値に設定することにより、各 ROI の最大値を個別に計算します。

  • Mode パラメーターを Value に設定します。

  • Find the maximum value over パラメーターを Entire input に設定します。

  • Enable ROI processing パラメーターを設定し、ROI type パラメーターを Label matrix として設定します。

Matlab Function ブロックは、個々の ROI をその最大強度値に置き換え、結果のイメージを出力します。

結果のシミュレーションと表示

モデルを実行し、Video Viewer ブロックを使用してイメージを表示します。

sim('ex_blk2dmaximum.slx');