Main Content

強度イメージのエッジ検出

この例では、キャニー エッジ検出器を使用して強度イメージのエッジを検出する方法を説明します。

モデル例

Simulink® モデルを開きます。

modelname = 'ex_EdgeDetection.slx';
open_system(modelname)

モデルは、Image From Fileブロックを使用して入力イメージを読み取り、Image Data Type Conversionブロックを使用してイメージのデータ型を single に変換します。次に、モデルは、以下のパラメーター値でEdge Detectionブロックを使用して、入力イメージのエッジを検出します。

  • メソッドCanny

  • ユーザー定義のしきい値off

  • 弱いエッジのピクセルと非エッジ ピクセルのおよその割合 (しきい値の自動計算に使用)90

  • ガウス フィルターの標準偏差1

結果のシミュレーションと表示

モデルを実行し、Video Viewerブロックを使用して結果を表示します。

sim(modelname);