Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Optical Flow

オブジェクト速度の推定

  • ライブラリ:
  • Computer Vision Toolbox / Analysis & Enhancement

  • Optical Flow block

説明

Optical Flow ブロックは、Horn-Schunck 法または Lucas-Kanade 法のいずれかを使用して、2 つのイメージの間、または 1 つのビデオ フレームと別のビデオ フレームとの間のオブジェクトの動きの方向と速度を推定します。

端子

入力

すべて展開する

イメージまたはビデオ フレーム。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。[次の範囲のオプティカル フローを計算] パラメーターが [2 つのイメージ] に設定されている場合、この端子の名前は [I1] に変更されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | fixed point

イメージまたはビデオ フレーム。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | fixed point

出力

すべて展開する

速度の振幅。スカラー、ベクトルまたは行列として返されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | fixed point

複素数形式の速度成分。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。

依存関係

この端子を有効にするには、[速度出力] パラメーターを [複素数形式の水平成分と垂直成分] に設定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | fixed point

パラメーター

すべて展開する

[メイン] タブ

オプティカル フローの計算に使用する方法を選択します。オプションには、[Horn・Schunck][Lucas・Kanade] があります。

オプティカル フローの計算方法を選択します。[2 つのイメージ] を選択して 2 つのイメージ間のオプティカル フローを計算します。[現在のフレームと N 個前のフレーム] を選択して N フレーム分離れている 2 つのビデオ フレーム間のオプティカル フローを計算します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、次のように設定します。

  • [メソッド] パラメーターを [Horn・Schunck] にする

  • [メソッド] パラメーターを [Lucas・Kanade] にし、[時間勾配フィルター][差分フィルター [-1 1]] にする

基準フレームと現在のフレームの間のフレーム数を表すスカラー値を入力します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[次の範囲のオプティカル フローを計算] パラメーターを [現在のフレームと N 個前のフレーム] に設定します。

平滑度係数を指定します。2 つのイメージ間または 2 つのビデオ フレーム間の相対的な動きが大きい場合は、大きい正のスカラー値を入力します。相対的な動きが小さい場合は、小さい正のスカラー値を入力します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[メソッド] パラメーターを [Horn・Schunck] に設定します。

ブロックの反復法プロセスが停止するタイミングを制御する方法を指定します。速度差が特定のしきい値を下回った場合にプロセスを停止する場合は、[速度差がしきい値未満になったとき] を選択します。一定数の反復が行われた後にプロセスを停止する場合は、[最大反復回数に到達したとき] を選択します。[先に該当した方] を選択することもできます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[メソッド] パラメーターを [Horn・Schunck] に設定します。

ブロック実行の最大反復回数を指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするは、[メソッド] パラメーターを [Horn・Schunck] に設定し、[反復法の停止] パラメーターを [最大反復回数に到達したとき] または [先に該当した方] に設定します。

オプティカル フローの出力方法を指定します。[振幅の 2 乗] を選択した場合、ブロックは各要素の形式が u2+v2 であるオプティカル フロー行列を出力します。[複素数形式の水平成分と垂直成分] を選択した場合、ブロックは各要素の形式が u+jv であるオプティカル フロー行列を出力します。

ブロックが uv を解くのに差分フィルターとガウス フィルターの導関数のどちらを使用するのかを指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[メソッド] パラメーターを [Lucas・Kanade] に設定します。

平滑化のためにバッファリングする入力フレームの数を指定します。このパラメーターは、標準偏差やフィルター係数の数などの時間フィルターの特性に対して使用します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[時間勾配フィルター] パラメーターを [ガウス導関数] に設定します。

イメージ平滑化フィルターの標準偏差を指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[時間勾配フィルター] パラメーターを [ガウス導関数] に設定します。

勾配平滑化フィルターの標準偏差を指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[時間勾配フィルター] パラメーターを [ガウス導関数] に設定します。

オプティカル フローの拘束方程式が悪条件の場合に動きベクトルをゼロに設定するには、このパラメーターを選択します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[時間勾配フィルター] パラメーターを [ガウス導関数] に設定します。

ブロックにより出力される動きベクトルに対応するイメージを出力するには、このパラメーターを選択します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[時間勾配フィルター] パラメーターを [ガウス導関数] に設定します。

各イメージ間または各ビデオ フレーム間の動きしきい値を決定するスカラー値を指定します。この数値を大きくすると、小さい動きがオプティカル フローの計算に与える影響が小さくなります。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[メソッド] パラメーターを [Lucas・Kanade] に設定します。

[データ型] タブ

固定小数点ブロック パラメーターの詳細については、ブロックの固定小数点属性の指定を参照してください。

ブロックの特性

データ型

double | single

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

アルゴリズム

すべて展開する

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入